News サッカーニュース

「胸が張り裂ける。誰一人として言葉を発せなかった」ケイン&デレ・アリがCL決勝敗戦後の心境を吐露

2019年6月3日(月) 15:26 

 


トッテナムのFWハリー・ケインとMFデレ・アリは、チャンピオンズリーグ決勝で敗れた心境を吐露した。

1日に行われたCLファイナルでリヴァプールと対戦したトッテナムだが、開始早々にPKから失点する苦しい展開に。攻勢に出る時間帯があったものの、リヴァプールゴールを破れず、逆に終盤に追加点を許して万事休す。トッテナムのクラブ史上初となるCL優勝の夢は儚く散ってしまった。

今シーズン、最終節でグループステージ突破を決めたトッテナムは、決勝トーナメント以降、ドルトムント、マンチェスター・シティを下し、準決勝ではアヤックス相手に大逆転劇を演じるなど大躍進を遂げた。しかし、決勝での苦杯は選手たちにとって大きなダメージとなっているようだ。

ケインは自身のツイッターで「昨夜、十分なプレーができなかったことにとてもがっかりしている」と悔しさを滲ませる。その一方で「僕たちはこの経験を糧にして、さらに強くなって来シーズンに戻ってきたい。ファンのみんなありがとう。君たちのホームとアウェイでのサポートは最高だった」と前を向いた。

また、アリも「胸が張り裂けるような気分だ。誰一人として言葉を発せなかった」とクラブの公式ウェブサイトで思いを口にする。さらに続けて「今すぐにポジティブなことを考えることはできない。でも、この失望、痛みといった感情を成長するために利用する必要がある」と語っている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング