News サッカーニュース

サラー、CLで昨季の雪辱果たし喜び爆発「今日は全員がベストだった」

2019年6月2日(日) 23:53 

 


リヴァプールのFWモハメド・サラーが、チャンピオンズリーグ(CL)優勝に喜びを爆発させた。『BTスポーツ』が伝えている。

1日にCL決勝が行われ、リヴァプールはトッテナムと対戦。開始早々、サラーがPKをねじ込んで先制点を奪うと、終了間際には途中出場のディヴォック・オリギが追加点を挙げる。そのまま試合は終了し、リヴァプールが6度目の優勝を手にした。

昨シーズンは決勝でレアル・マドリーの前に涙をのんだだけに、その喜びはひとしおだったようだ。昨年は負傷で涙を流してピッチを後にしたサラーはこのように語る。

「今は全員が幸せだ。2年連続決勝でプレーできて、今度は90分間出場できて嬉しいよ。今日は全員がベストだった。チームが素晴らしかった」

また、オリギも「信じられない。僕らはともにやってのけたんだ。チームは戦った。勝つために全員が全力を尽くした。特別な瞬間だよ。決して忘れないだろう」と話した。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング