News サッカーニュース

レアル・マドリー、ベンフィカ19歳MFの獲得レースから撤退へ…アザール補強に一本化

2019年5月31日(金) 12:25 

 


今シーズン、ベンフィカでトップデビューしたばかりのジョアン・フェリックスは早くも移籍市場の注目銘柄となっているが、レアル・マドリーはJ・フェリックス獲得レースから撤退したようだ。

スペイン『マルカ』は、レアル・マドリーがJ・フェリックス獲得を目指していたものの、今夏の移籍市場ではエデン・アザール確保が有力となっていることから、J・フェリックス補強を断念したと伝えている。

「ロス・ブランコス(レアル・マドリーの愛称)は、19歳のMF補強に向けて8000万ユーロ(約97億円)を支払う用意があった」

「だがベンフィカ側はJ・フェリックスの契約解除金を1億2000万ユーロ(約146億円)に設定していて、これより下のオファーを受けるつもりはないようだ」

今シーズンのUEFAヨーロッパリーグ準々決勝、フランクフルトとの第1戦でハットトリックを決めるなど、一躍注目を集めた19歳J・フェリックス。

同選手に関心を示していたとされるレアル・マドリーだったが、今夏の移籍市場ではアザール獲得が最優先事項となっており、ポジションが競合するJ・フェリックスの獲得は見送られることになったようだ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング