News サッカーニュース

シュトゥットガルト、入れ替えPOホーム初戦でウニオン・ベルリン相手にドロー決着

2019年5月24日(金) 17:13 

 


現地時間23日、ブンデスリーガの入れ替えプレーオフ、シュトゥットガルトvsウニオン・ベルリンの第1戦が行われた。

この試合では0-0のまま戦況が進み、均衡が崩れたのは41分だった。アナスタシオス・ドニスのお膳立てを受けたクリスティアン・ゲントナーが左足でシュートを決め、シュトゥットガルトが1点を先行。

だがその2分後にはウニオン・ベルリンのスレイマン・アブドゥラヒがネットを揺らし、すぐさま1-1の振り出しに戻る。

後半に入り、51分にはマリオ・ゴメスが追加点を決め2-1とするも、68分にマーヴィン・フリードリヒがヘディングでネットを揺らし、スコアは2-2に。

ウニオン・ベルリンが2度追いつく形になり、試合はこのまま2-2でフルタイムを迎えている。シュトゥットガルトにとってはホームで勝利を逃す結果となり、一方で1部昇格を目指すウニオン・ベルリンにとっては敵地で大きなドローとなった。

ウニオン・ベルリンホームでの第2戦は現地時間27日に行われる。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング