News サッカーニュース

バルサに痛手…守護神テア・シュテーゲンのコパ・デル・レイ決勝欠場が確定

2019年5月23日(木) 18:39 

 


週末にコパ・デル・レイ決勝を控えるバルセロナだが、守護神を欠いて臨むことになるようだ。

今季リーガ・エスパニョーラ連覇を達成したバルセロナ。チャンピオンズリーグでは準決勝でまさかの逆転敗退を喫したが、今季2つ目のタイトルをかけて25日にバレンシアとのコパ・デル・レイ決勝を戦う。

そんな今季最後のビッグマッチで、バルセロナはGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンを欠くことになるようだ。リーガ最後の3試合を欠場していたドイツ代表GKだが、クラブは公式SNSで「右膝に違和感を抱えており、今後もケアを続けることになる」と明かし、コパ・デル・レイ決勝戦の欠場を発表した。

代役は、オランダ代表GKヤスパー・シレッセンになることが濃厚だ。なお、同選手はベンフィカへの移籍で合意に至っているが、バルセロナ側が2500万ユーロ(約30億円)を求めているため、未だ取引が完了していないことが『Goal』の取材で明らかとなっている。

今季公式戦49試合に出場し、23試合のクリーンシートを達成したテア・シュテーゲン。絶対的守護神を欠くことは、バルセロナにとって大きな痛手となりそうだ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング