News サッカーニュース

EL決勝控えるチェルシーに大打撃…ロフタス=チークがアキレス腱断裂で離脱

2019年5月17日(金) 18:17 

 


チェルシーのMFルベン・ロフタス=チークがアキレス腱断裂の重傷を負ってしまったようだ。『Goal』の取材で明らかになった。

今シーズンのプレミアリーグを3位で終え、ヨーロッパリーグでは決勝進出を決めたチェルシーは現在、29日のアーセナルとの大一番を前にアメリカ遠征を実施中だ。そんな中、15日の3-0で勝利したニューイングランド・レボリューションとの親善試合で、ロフタス=チークが負傷するアクシデントに見舞われる。

交代を余儀なくされたロフタス=チークは、左足首にギプスを装着し、杖を使用しなければいけない状態に。そして、16日朝にイングランドに帰還した同選手は、直ちに医療機関で検査を実施する。その結果、アキレス腱断裂が発覚したようだ。

今シーズン、前半戦こそ十分な出場機会を得られなかったロフタス=チークだが、シーズン後半はスタメンの座を確保すると、全公式戦で10ゴール5アシストを記録。EL準決勝のフランクフルト戦では貴重な先制点を挙げるなど印象的な活躍を残し、アゼルバイジャンで行われる決勝戦でも活躍を期待されていた。

なお、チェルシーで今シーズンにアキレス腱断裂を負ったのはこれで2人目。今シーズンにブレイクした18歳のカラム・ハドソン=オドイも同様の重傷を負っており、半年以上の離脱が予想されている。そのため、ロフタス=チークも復帰は2019年末から2020年初旬になると考えられている。

また、6月のUEFAネーションズリーグ・ファイナルズを戦うイングランド代表にも招集されることが期待されていたロフタス=チークだが、このケガにより選外に。16日のメンバー発表の際にギャレス・サウスゲート監督は「昨晩、ルベンはメンバーに入って良いプレーをしてくれるだろうと考えていた。しかし、彼はこのチャンスを逃すことになってしまった。本当に残念だ」とプレーできないことを明かしている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング