News サッカーニュース

ジダン、ベイルへの戦力外通告報道について「話したかもしれないし、話してないかもしれない」

2019年5月11日(土) 23:46 

 


レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、MFガレス・ベイルに対して戦力外を通告したとの報道について言及している。

ジダン監督はMFガレス・ベイル、MFマルコス・ジョレンテ、MFダニ・セバジョスと個人面談を行い、来季構想外であることを伝えたと報じられる。11日のリーガ・エスパニョーラ第37節、敵地アノエタでのレアル・ソシエダ戦を前に会見に出席した同指揮官は、ベイルとの個別面談について問われて肯定も否定もしなかった。

「内密の話は内密のものだ。私はすべての選手たちとそうする必要があるが、話した内容はその場にとどめないといけない。彼と話をしたか? そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。選手たちとは将来以外の話もしている」

その一方でM・ジョレンテについては、次のようにコメントしている。

「彼は出場機会を必要としているが、実際、出場するに値する選手だ。アラベス戦では良いパフォーマンスを見せたが、それは継続的にプレーできたからだろう。ここで継続的にプレーできないのは、重要な選手たちがほかにもいるからだ。それが人生の掟であり、私たちにその現実を変えることはできない」

「私がマルコス・ジョレンテにチャンスを与えなかったと言うことはできない。23選手もいれば、出場機会が少ない選手は常に存在するんだ」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング