News サッカーニュース

「PLトップ4確保に十分ではなかった」スールシャールがCL出場権逸失マンチェスター・Uの力不足を認める

2019年5月6日(月) 18:19 

 


マンチェスター・ユナイテッドのオレ・グンナー・スールシャール監督は、チャンピオンズリーグにチャレンジするだけの力がチームになかったと肩を落とした。

5日に行われたプレミアリーグ第37節でマンチェスター・Uは敵地でハダースフィールド・タウンと対戦。すでに最下位が決まっている相手との対戦とあって序盤から優勢に試合を進めるマンチェスター・Uは、8分にスコット・マクトミネイのゴールで先制に成功する。しかし、追加点を奪えないまま試合が進むと、60分にルーク・ショウのミスから失点を喫し、このまま1-1のドローで終わった。

前日にトッテナムが黒星を喫したために、この試合に勝利すればマンチェスター・Uにもトップ4のチャンスが残っていたが、これで5位以下が決定。ジョゼ・モウリーニョ前監督時の不振からチームを立て直したスールシャール監督だが、トップ4の夢が絶たれたことを受け、イギリス『スカイスポーツ』でチームに力がなかったと認めた。

「これが我々の今の力だ。長いシーズンを通じて、我々がチャンピオンズリーグ出場権獲得に挑戦するのに十分ではなかった。十分な勝ち点を奪えず、十分な試合で勝利できず、十分なゴールを挙げられなかった。もちろん、シーズン途中で監督が代わればいつだって簡単にはいかない」

「この結果がすべてだ。トップ2に追いつけるなんて夢のような世界で戦っているわけではないが、マンチェスター・ユナイテッドである以上、トップ4は確保しなければいけなかった。しかし、現状で我々はそのレベルから大きく遅れを取っている。この挑戦は我々にとって本当に大きなものだった」

最下位ハダースフィールド戦をドローで終えてしまったことについても「多くのチャンスを逃してしまった。それに、エネルギーで溢れたスタジアムでの一戦で、相手に望みを与えてしまえばこのような結果になるだろう。もっと良いパフォーマンスを見せる必要があった」とチームのパフォーマンスに苦言を呈した。

これで3シーズンぶりにCL出場権を逃したマンチェスター・Uは、12日のシーズン最終節でホームでカーディフ・シティと対戦する。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング