News サッカーニュース

「王者として、レジェンドとして去る」レスター指揮官が退団発表の岡崎慎司へ敬意

2019年5月3日(金) 12:06 

 


レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督は、今シーズン終了後の退団を表明したFW岡崎慎司について言及した。

2015年夏にマインツからレスターに加入した岡崎。デビューシーズンでは、クラウディオ・ラニエリ監督の下で“奇跡のプレミアリーグ優勝”に主力の1人として貢献する。しかし、2シーズン目以降は徐々に出番を失い、4シーズン目となる今シーズンはここまでプレミアリーグ20試合に出場するもスタメンは1試合のみと十分な出場機会を得られていない。

この状況を受け、今冬の移籍市場からレスター退団の噂が後を絶たない今夏にクラブと契約満了を迎える岡崎は先日、今シーズン終了後の退団を発表。この際、同選手は「ストライカーとしてプレーできるチーム」を求めていると明かしていた。

今シーズン途中からレスターを率いるロジャーズ監督は、岡崎の退団発表に対して「彼はチャンピオンとして、クラブ史のレジェンドとしてここから去る」と同選手への敬意を表し、以下のように続けた。

「これまで何週間にもわたって私は彼と話し合ってきた。彼はストライカーとしてプレーする機会を得られるヨーロッパのどこかでプレーするチャンスを手にしたいと考えている。しかし、彼のクラブへの貢献は計り知れない。彼の笑顔、彼の情熱、彼のクオリティ、彼はこのクラブの歴史の一部としてプレーしてきた」

「我々には数試合が残されており、チームが力強くシーズン終了を迎えるために彼は手助けしたいと考えている。そして、彼が我々からの感謝を示される場面が訪れることになると私は確信している」

レスターの一員としての岡崎の雄姿を見られるのは残り2試合。ロジャーズ監督率いるチームは6日に敵地でマンチェスター・シティと、12日の最終節でチェルシーと本拠地キングパワー・スタジアムで対戦する。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング