News サッカーニュース

アーセナルのD・スアレス、鼠径部故障で今季終了…わずか6試合出場と期待に応えられずレンタル終了

2019年4月30日(火) 15:20 

 


アーセナルのデニス・スアレスは、鼠径部の負傷により一足早くシーズンが終わったことを明かした。

今冬にバルセロナからシーズン終了までの期限付きでアーセナルに加入したスアレス。同クラブにとって1月の移籍市場で唯一の新戦力として期待を背負ったスペイン代表MFだが、ここまで全公式戦6試合に出場したのみと期待を裏切る形に。

さらに、スアレスは鼠径部の負傷により、3月10日のマンチェスター・U戦を最後にピッチに立っていない。そして29日、同選手は今シーズン中にチームに復帰できないことを自身のツイッターを通じて発表した。

「今シーズンに再びプレーすることはできない。BATEボリソフ戦以降、鼠径部にいくつかの問題が発生し、これによりトレーニングを中断せざるを得なかった。複数の医療機関を尋ねた結果、これ以上無理をすべきではないという結論に達した」

「全力で戦うためにアーセナルに来たけれど、十分な結果を残せなかったことを申し訳なく思う。僕のこの怒りは誰にも想像できないと思うけれど、健康が何よりも優先すべきことだ。このようなビッグクラブが僕を信頼してくれたことに対してとても感謝している」

アーセナルで期待に応えるだけの活躍ができなかったスアレスは、2020年まで契約を結ぶバルセロナにこのまま復帰することになるかもしれない。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング