News サッカーニュース

ラツィオがミラン下して2年ぶりの決勝へ!コレア弾守りきって無失点勝利/コッパ・イタリア準決勝

2019年4月25日(木) 11:53 

 


コッパ・イタリアは24日に準決勝セカンドレグが行われ、ミランとラツィオが対戦した。

ファーストレグは0-0のドローで終えていた両者。ミラン本拠地サン・シーロでの一戦で、ミランは3-4-3を採用。最前線はピョンテク、スソ、カスティジェホが形成した。守護神はレイナが務めている。対するラツィオはエースのインモービレやルイス・アルベルト、ホアキン・コレアらがスタメンに名を連ねている。

両チームともに積極的な入りを見せたが、アクシデントに見舞われる。ラツィオは15分にミリンコヴィッチ=サヴィッチが負傷交代、ミランはカラブリアが負傷交代となり、前半の内に交代カードを1枚使うことを余儀なくされる。ポゼッションはミランが握ったものの、効果的に攻撃を仕掛けるラツィオはコレアらのシュートでミラン守備陣を脅かす。

後半に入っても構図は変わらず。すると58分、カウンターを効果的に活かしたラツィオが先制に成功する。自陣深い位置から攻め上がると、インモービレがドリブルで持ち運び、最後はコレアがネットを揺らした。アウェイチームが貴重な先制点を奪う。

追いつきたいミランは76分、スソのクロスにクトローネが合わせてネットを揺らす。しかしオフサイドの判定でゴールは認められず。最後まで諦めずに攻め続けたが実らず。ラツィオが1-0で勝利を挙げた。

この結果、ラツィオは2試合合計1-0で決勝に進出。ラツィオにとっては2年ぶりのファイナルとなった。決勝戦の相手はアタランタかフィオレンティーナの勝ち上がった方となる。両者は25日にアタランタのホームでセカンドレグを戦う(ファーストレグは3-3のドロー)。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング