News サッカーニュース

エリクセンが左足一閃!トッテナム、苦しんだ末に辛勝…新本拠地で4連勝&無失点継続/プレミアリーグ第33節

2019年4月25日(木) 0:56 

 


プレミアリーグは23日に第33節の延期分が行われ、トッテナムはブライトンと対戦した。

マンチェスター・シティを破ってチャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出を果たしたトッテナム。一方プレミアリーグでは激しいCL出場権争いに巻き込まれており、勝ち星を落とせない状況で、こちらも残留のために勝利が欲しい17位ブライトンをホームに迎えた。

試合は序盤からトッテナムがボールを支配し、ブライトンがブロックを組んでカウンターを狙う展開となる。新スタジアムの後押しを受けるトッテナムは何度も相手に襲いかかるが、必死に守るブライトンを中々崩せない。

ポゼッション率は75%以上を記録、シュート29本を放つがゴールを奪えず、試合はドロー決着の雰囲気も漂い始める。しかし終盤88分、エリクセンが一振りで流れを変える。ゴール正面でボールを受けた背番号23は、ボックス外から左足を一閃。強烈なシュートがゴール右隅に突き刺さった。ついにトッテナムが均衡を破る。

結局このゴールが決勝点となり、トッテナムが1-0で辛勝を挙げた。これで新本拠地「トッテナム・ホットスパー・スタジアム」では、移転後公式戦4連勝を達成。その間無失点と、新たなホームで見事な成績を収めている。

この勝利で勝ち点を70に伸ばしたトッテナムは3位を維持。4位チェルシーとの勝ち点差を3に広げた。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング