News サッカーニュース

フランクフルトがベンフィカを2-0撃破!アウェーゴールでEL4強進出…長谷部誠はフル出場/EL準々決勝第2戦

2019年4月19日(金) 18:09 

 


現地時間18日、UEFAヨーロッパリーグ準々決勝第2戦フランクフルトvsベンフィカが行われた。この試合で長谷部誠はリベロとして先発出場を果たしている。

ベンフィカホームの初戦では早々に退場者を出したものの、2-4と2つのアウェーゴールを奪ったフランクフルト。第2戦では2点差以上での勝利が必要となることもあり、積極的に攻勢をかける。

一方のベンフィカは乱打戦に持ち込まれる展開を避ける狙いもあり、試合の流れが早くならないよう、テンポを上げない戦い方で戦況を進める。

そんな中でホームのフランクフルトが36分先行する。ミヤト・ガチノヴィッチがシュートを放ち、ポスト直撃。その跳ね返りをフィリップ・コスティッチが決め、フランクフルトが1-0と先制。ベンフィカのブルーノ・ラージ監督はジャッジを不服として審判団に詰め寄り、前半で退席処分となっている。

後半に入りベンフィカはジョアン・フェリックスを中心に崩しにかかるが、フランクフルトはこれをしのぐ。すると67分、ベンフィカDFのクリアをフランクフルトが拾うと、最後はセバスティアン・ローデが右足でシュートを決め、2-0とリードを2点に広げた。

これで2戦合計4-4、フランクフルトはアウェーゴールで優勢に立ったこともあり、戦局が一気に変わる。ベンフィカはアウェーゴールが必要となり、なんとかフランクフルト守備網を破ろうとするが1点が遠い。

後半アディショナルタイムにはJ・フェリックスが浮き玉から反転ボレーを狙うものの、長谷部が顔面を蹴られながら果敢にクリアし、失点の危機を防ぐ場面も。試合はこのまま2-0でフルタイムを迎えた。

フランクフルトは4-4ながら初戦で奪った2つのアウェーゴールによりベスト4進出が决定。準決勝ではチェルシーと激突することになった。

UEFAヨーロッパリーグ準々決勝第2戦
フランクフルト 2-0(4-4) ベンフィカ

得点者
フランクフルト:コスティッチ(36分)、ローデ(67分)



(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング