News サッカーニュース

3戦連続優勝お預けのPSG…トゥヘルは選手に呆れ「いつも選手を擁護するが、今日は無理」

2019年4月19日(金) 17:59 

 


パリ・サンジェルマン(PSG)のトーマス・トゥヘル監督は、ナント戦の敗北に関して選手たちを擁護する気はないようだ。

PSGは17日、リーグ・アン第28節未消化分でヴァイッド・ハリルホジッチ監督が指揮官を務めるナントと対戦し、2-3で敗れた。

PSGは、勝てば優勝という中で迎えた前前節のストラスブール戦を2-2の引き分けで終え、前節のリール戦では引き分け以上で優勝という状況ながら1-5の大敗。ナント戦での黒星で3試合連続で足踏みが続くこととなったが、トゥヘル監督は状況そのもの以上に選手たちが見せたパフォーマンスに納得がいかないようだ。

ナント戦後、「リール戦では、私たちは60分間に渡りゲームをコントロールしたし、多くの選手が負傷していた。あれはチャンピオンズリーグレベルの試合だったよ。あれは(今日とは)違う」とリール戦と比較するトゥヘル監督は、以下のように選手たち突き放した。

「今日、私たちは90分間働かなかった。何もしなかった。全てにおいて何もしなかったんだ。だから勝利することは不可能だった」

「負けることもあれば、ミスをすることもある。選手たちが良いメンタリティーで野望を持ってチームとして戦っているのであれば、私たち(クラブ)は常に彼らを擁護する」

「私はいつも選手たちを擁護するが、今日は無理だ」



(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング