News サッカーニュース

マン・C戦で足首負傷のケインは今季絶望か…トッテナム指揮官が示唆「とても悲しい」

2019年4月10日(水) 10:54 

 


トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、ハリー・ケインが今シーズン絶望となる可能性があると認めた。

9日のチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグで、トッテナムはホームでマンチェスター・Cと対戦。序盤のピンチをしのいだトッテナムは、78分にソン・フンミンのゴールで均衡を破ると、そのまま無失点に抑えて1-0で勝利した。

しかし、この試合の54分にアクシデントが発生。チームのトップスコアラーであるケインが、ファビアン・デルフとの接触で足首を痛めた。イングランド代表FWは足をつくことができず、そのままロッカールームへと直行。途中交代を余儀なくされた。

試合後、ポチェッティーノ監督は同選手が重傷を負った可能性があると語っている。

「とても、とても悲しい。とても難しい状況になると思うし、たぶんシーズンの残りで彼を失うことになるかもしれない」

また、ケイン負傷の引き金となったデルフへは「彼はとてもアグレッシブだった。あれは傷つけることを意図したものではなく激しいプレーだっただけ、と彼のプレーを理解しようとした。私が言えること彼はラッキーだったね。なぜならVARのレビューがあれば彼はレッドカードを提示されていただろう」と、苦言を呈している。

一方で、プレミアリーグでリヴァプールと激しいタイトルレースを展開するマンチェスター・C相手に勝利したことを受け、ポチェッティーノ監督はチームのパフォーマンスに賛辞を送るとともに、決勝点を奪ったソン・フンミンを称えた。

「パフォーマンスに満足しているし、我々の試合へのアプローチにも満足している。本当に良いパフォーマンスだった。彼(ソン・フンミン)はゴールを挙げるのに相応しかった。仮に誰か1人を称えるとすればそれは彼だ」

セカンドレグは17日にマンチェスター・Cの本拠地エティハド・スタジアムで開催される。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング