News サッカーニュース

ベルナベウで批判され続けるベイル、西紙「今夏の退団は不可避に思える」

2019年4月1日(月) 22:03 

 


レアル・マドリーMFガレス・ベイルは、やはり今夏の移籍市場でクラブを退団することになるのかもしれない。

FWクリスティアーノ・ロナウドがユヴェントスへと移籍し、その代わりにエースとなると目されたベイルだが、実際には苦戦続き。ベルナベウの観客も同選手には愛想を尽かしているようだ。

31日に行われたリーガ第29節、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのウエスカ戦(3-2)で先発を果たしたベイル。アウトサイドのクロスによって2得点に絡むなど、ときにそのクオリティーを発揮したものの、全体的にはチームメートとの連係が今ひとつで存在感を発揮できなかった。観客はそんな同選手に対して、耳をつんざく指笛を吹くなどしていた。

これを受けたスペインのスポーツ新聞『マルカ』は、「あらゆるところから送られるサインは、もう十分であること、この夏のサイクルの終わりを指している。彼の移籍は不可避のように思える」との見解を示している。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング