News サッカーニュース

「史上最強の教え子は誰?」欧州4リーグ制覇の名将アンチェロッティの答えは?

2019年3月27日(水) 20:04 

 


ナポリの指揮官カルロ・アンチェロッティが、ローマ市内で行われたトルヴェルガータ・スポーツ倫理賞の授賞式に出席した際、インタビューに応じた。イタリアメディア『スカイスポーツ』が25日、伝えている。

アンチェロッティは1990年代半ばにキャリアをスタートさせると、ユヴェントス、ミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリー、バイエルン・ミュンヘンなどビッグクラブの指揮官を歴任。欧州5大リーグのうち4リーグ(セリエA、プレミアリーグ、リーグ・アン、ブンデスリーガ)を制し、チャンピオンズリーグで3度優勝を飾るなど、数々のトロフィーを手にしてきた。

当然、アンチェロッティの教え子には、そうそうたるメンバーが名を連ねるが、自身が指導してきた選手の中での“史上最強選手”を問われると、名将は回答に頭を悩ませた。

「私が指導した最強選手?まずはGKだけで考えてみよう。私の下にいたのは、(アンジェロ)ペルッツィ、(エトヴィン)ファン・デル・サール、(ジャンルイジ)ブッフォン、ジーダ、(クリスティアン)アッビアーティ、(ペトル)チェフ、(サルヴァトーレ)シリグ、(イケル)カシージャス、ディエゴ・ロペス…」

「信じて欲しい。たった1人を選ぶなんて不可能だ。(クリスティアーノ)ロナウドと言えば、ブラジル人のロナウドや(ディディエ)ドログバ、私の下で300ゴールを挙げた(フィリッポ)インザーギや、(アンドリー)シェフチェンコを忘れたことになってしまう」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング