News サッカーニュース

【結果】日本代表1-0ボリビア代表/中島翔哉が右足一閃

2019年3月26日(火) 21:29 

 Photo:Getty Images
【後半総括】
後半も前半同様、日本がボールを支配する時間が続いたが、ゴール前の精度を欠いて、好機を生み出せない。

ゲームの流れが変わったのは62分、森保監督は乾と宇佐美を下げて、中島と堂安を投入する。中島は持ち前の技術と積極的な仕掛けで違いを作り、堂安も裏への抜け出しを試みて、攻撃を活性化させた。

日本に先制点を生まれたのは76分、相手のミスからカウンターを発動し、堂安から南野、南野から中島へ渡る。中島はペナルティーエリア内左から右足一閃。強烈なシュートでニアサイドを射抜いてみせた。

その後も日本は中島を軸にチャンスを生み出していくが、追加点は生まれず。平成最後の日本代表戦は1-0で幕を閉じた。

試合終了。1-0で日本が勝利を収めた。

後半47分 1-0
【日本】
中島のヒールパスを受けた佐々木がフリーでクロスを上げるが、ペナルティーエリア内の鈴木にはわずかに合わない。

アディショナルタイムは3分

後半44分 1-0
【日本】
細かい連係から堂安がペナルティーエリア内に侵入するが、角度がなくなりGKに止められた。

後半38分 1-0
【日本 選手交代】
鎌田→鈴木

後半37分 1-0
【ボリビア 選手交代】
バルガス→ガリンド

後半36分 1-0
【日本】
畠中の縦パスを受けた鎌田が中島へスルーパス。中島はドリブルを仕掛けたが、相手DFに止められた。

後半33分 1-0
【日本】
中島の絶妙なループシュートはポストに阻まれ、跳ね返りに南野がシュートを放つが、GKに止められた。

後半31分 1-0
【日本 GOAL!!】
ボリビアのパスから日本がカウンター。堂安から南野。南野から中島へ渡り、中島がドリブルで持ち運び、強烈なシュートを突き刺した。

後半28分 0-0
【日本 選手交代】
安西→佐々木

後半23分 0-0
【日本 選手交代】
香川→南野
小林→柴崎

後半23分 0-0
【ボリビア 選手交代】
カストロ→サーベドラ

後半17分 0-0
【日本 選手交代】
乾→中島
宇佐美→堂安

後半14分 0-0
【ボリビア 選手交代】
アルバレス→バカ

後半14分 0-0
【日本】
畠中の縦パスから攻撃のスイッチが入り、乾のスルーパスを受けた鎌田がシュートを放つが、GKに止められた。

後半13分 0-0
【ボリビア】
スローインからカストロがダイレクトでシュートを放つが、わずかに左に外れた。

後半開始。ボリビアボールでキックオフ。

【前半総括】
序盤から日本が圧倒的にボールを支配する時間が続くものの、アタッキングサードの精度を欠いて、なかなか好機を生み出せない。

23分には前半唯一の決定機。宇佐美のパスを受けた乾が左サイドから切り込み、フリーで右足を振り抜くが、相手GKに阻まれた。

その後も日本はパスワークで揺さぶろうとするが、低い位置でブロックを構えるボリビア守備陣を崩し切れない。ボリビアは日本の素早いプレスに苦戦し、ボールを前線に運べない場面が目立った。

前半終盤に入っても日本は効果的な攻撃を構築できず。スコアレスで試合を折り返した。急造布陣で連係に問題を抱える中、森保監督はどのような修正を施すか。

前半終了。スコアレスで勝負は後半へ。

前半44分 0-0
【日本】
乾のシュートのこぼれ球から、乾がミドルシュートを放つが、枠を外れた。

前半42分 0-0
【ボリビア】
CKの流れからラマジョがヘディングで合わせるが、シュートは枠を外れた。

前半30分 0-0
【ボリビア】
バカが独力で中盤から持ち運び、ロングシュートを放つが、大きく枠を外れた。

前半23分 0-0
【日本】
宇佐美のパスを受けた乾が左サイドからカットイン。ペナルティーエリア内でフリーで右足を振り抜くが、相手GKに阻まれた。

前半21分 0-0
【日本】
相手のハンドで得たペナルティーエリアすぐ外のFKを宇佐美が狙うが、シュートは壁に当たった。

前半20分 0-0
【日本】
左サイドの狭いエリアを突破した乾が鎌田にスルーパスを通す。鎌田はペナルティーエリア内でフリーとなるが、サイドに流れてシュートまでは持ち込めない。

前半3分 0-0
【日本】
細かい連係から左サイドに流れた宇佐美がシュートを放つが、大きく枠を外れた。

試合開始。日本ボールでキックオフ。

【試合前の状況】
注目はコパ・アメリカに向けた選手起用

 3月シリーズ第2戦目の相手ボリビアも、22日に戦ったコロンビア同様に難敵だ。日本は過去にも、うまくて、強くて、したたかな南米各国を苦手とする傾向があった。ただ、たとえ親善試合であったとしても、ホームで連敗を喫することは許されない。「代表戦は結果が大事になる」と、森保一監督自身も発言している。横浜から神戸に場所を移して行われる一戦。注目ポイントや試合の焦点以前に、まずは勝利することが大前提である。

 その上で、この一戦の見どころを挙げるとすれば、6月に控えたコパ・アメリカを見据えた戦い方や起用法となる。特に選手起用については、海外組の選手をどう組み合わせるか、彼らがどんな連係でプレーするかに注目が集まる。現時点ではボリビア戦での森保監督の起用法は見えていない。コロンビア戦で負傷し翌日の練習が別メニューになった室屋成と堂安律は、無理をさせないことが濃厚。その中で、今回の招集メンバーにおける主力勢を再び使うのか。それともよりテストも兼ねた舞台にするのか。可能性としては後者が高いかもしれない。

 コパ・アメリカが行われる時期は、J1リーグも進行中。よってJクラブの主力選手たちの招集は現状難しいと見られる。さらに今回招集外となった大迫勇也や吉田麻也ら欧州組の主力勢も、ロシアW杯やアジアカップにフル参戦していることが影響し、今回は所属クラブの意向で招集は困難と予想されている。

 そこで浮上するのが、その他の海外組。今回のメンバーでは香川真司、鎌田大地、宇佐美貴史、小林祐希、昌子源、冨安健洋らが該当する。当然、南野拓実や堂安、中島翔哉らも有力候補だが、森保ジャパンで常に試合に出続けている彼らに替わって、この試合は前述の選手たちが試される場となり得る。

 テストの要素と勝利の意識。難しい共存だが、ボリビア戦で森保ジャパンに求められるタスクである。(文・西川 結城)

【日本代表 先発メンバー】
GK
23 シュミット ダニエル(仙台)
DF
2 三浦 弦太(G大阪)
19 安西 幸輝(鹿島)
20 畠中 槙之輔(横浜FM)
22 西 大伍(神戸)
MF
10 香川 真司(ベシクタシュ)
11 宇佐美 貴史(デュッセルドルフ)
14 乾 貴士(アラベス)
15 橋本 拳人(FC東京)
25 小林 祐希(ヘーレンフェーン)
FW
18 鎌田 大地(シント・トロイデン)

【サブメンバー】
GK
1 東口 順昭(G大阪)
12 中村 航輔(柏)
DF
3 昌子 源(トゥールーズ)
4 佐々木 翔(広島)
5 室屋 成(FC東京)
16 冨安 健洋(シント・トロイデン)
MF
6 山口 蛍(神戸)
7 柴崎 岳(ヘタフェ)
8 中島 翔哉(アル・ドゥハイル)
9 南野 拓実(ザルツブルク)
21 堂安 律(フローニンゲン)
FW
13 鈴木 武蔵(札幌)

【ボリビア代表先発メンバー】
GK
1 カルロス ランペ
DF
8 ディエゴ ベハラノ
16 ロベルト フェルナンデス
MF
4 ルイス アキン
7 レオネル フスティニアノ
14 ラウル カストロ
15 ルイス バルガス
22 アドリアン フシノ
FW
9 ロドリゴ ラマジョ
18 ヒルベルト アルバレス
19 レオナルド バカ

【ボリビア代表控えメンバー】
GK
12 ルベン コルダノ
23 サイド ムスタファ
DF
6 エルウィン サーベドラ
11 サウル トーレス
17 マルビン ベハラノ
MF
2 ジョルディー カンディア
3 アレハンドロ チュマセロ
10 サムエル ガリンド
20 ラミロ バカ
21 クリスティアン アラノ
FW
5 マリオ クエジャール
13 ヘンリー バカ

(提供元:速サカ編集部)

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング