News サッカーニュース

「ヴィエラ、プティ、ベルカンプ、ピレスが嫌いだった」ギグスが現役時代の宿敵アーセナル嫌いを告白

2019年3月25日(月) 0:02 

 


元マンチェスター・ユナイテッドで、現在ウェールズ代表を指揮するライアン・ギグス監督は、現役時代のアーセナル嫌いを告白した。

1990年代後半から激しいライバル関係にあるマンチェスター・Uとアーセナル。直接対決を迎える度に繰り広げられるアレックス・ファーガソン元監督とアーセン・ヴェンゲル元監督のタッチライン上でのいがみ合いはその関係性の象徴的なものだった。

マンチェスター・Uがトレブルを達成した1998-99シーズン、FAカップ準決勝のアーセナル戦で伝説的なゴールを決めたギグス監督は、イギリス『デイリー・メール』で当時のアーセナル嫌いを明かすとともに、4選手を特に嫌っていたと認めた。

「アーセナルが好きではなかった。(パトリック)ヴィエラが嫌いだった。なぜなら彼は汚く、人を殺しても罰を免れていた。髪が長かったから(エマニュエル)プティが嫌いだった。(デニス)ベルカンプも嫌いだった。今の(ロベール)ピレスは良い男だけれど、当時は嫌いだった。彼らを見るのも嫌だったし、彼らのことを知ろうとも思わなかった。ベルカンプ?彼がエリック・カントナに及ぶわけはないと自分自身に言い聞かせていた」

「もちろん、これは本当の自分の姿ではなかった。でも、激しい敵意を持つ必要があった。モチベーションのためだ。本心では彼らがトッププレーヤーだとわかっていた。それでも、ライバル心は僕たちにとっての全てで、当時はリヴァプールとの関係よりも激しいものだった」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング