News サッカーニュース

UEFAがネイマールへの処分決定を発表…CLマンチェスター・U戦後に連盟批判をSNSに投稿

2019年3月23日(土) 17:45 

 


パリ・サンジェルマンのネイマールは、マンチェスター・ユナイテッド戦後に投稿した欧州サッカー連盟(UEFA)批判の責任を取ることになるようだ。

6日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグでPSGはマンチェスター・Uと対戦。敵地での初戦を2-0で制したPSGが優勢とみられた中、ホームでマンチェスター・Uに1-3で敗れ、アウェイゴールの差で3シーズン連続となるベスト16敗退が決まった。

1月に中足骨を骨折してこの一戦を欠場したネイマールは試合後、決勝点に繋がったビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を使ったPKの判定に「これは恥ずべきこと。UEFAはフットボールのことを知らない4人の男を選んで、VARのレビューをさせている。あのようなハンドは存在してはいけない。後ろから来たボールをどうすればハンドにできる? いい加減にしろよ…」と自身のインスタグラムに投稿した。

すると22日、ネイマールのコメントを調査したUEFAは、同選手に対して処分を科すことを発表。「パリ・サンジェルマンのネイマールがとったマッチオフィシャルを侮辱する言動を非難する。今後、UEFAの倫理規律委員会で処分が話し合われることになる」と声明を出した。

現段階でネイマールに対する処分内容は決定していないものの、罰金や出場停止を科される可能性があるようだ。しかし、PSGは今シーズンのUEFA主催大会から敗退しているため、処分があった場合は来シーズン以降に適応されることになる。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング