News サッカーニュース

負傷者続出のイングランド、今度はラッシュフォードが離脱…一方でサンチョら若手にチャンス到来

2019年3月22日(金) 12:01 

 


イングランド代表のギャレス・サウスゲート監督は、マーカス・ラッシュフォードがチームから離脱することを発表した。

ユーロ2020予選のチェコ戦、モンテネグロ戦を控えるイングランドのメンバー入りを果たしたラッシュフォード。マンチェスター・ユナイテッドで活躍を続ける21歳のFWに対して大きな期待が寄せられていたものの、足首の状態が芳しくなく、21日に早々とクラブに戻ることが決まった。

サウスゲート監督は会見で離脱することが決まったラッシュフォードについて「この1週間、メディカルチームとともにトレーニングを行ってきた。彼は少しずつ良くはなっていたが、試合に出られる状況でないことは明らかだ。彼をクラブに戻すことを決定し、この2試合でメンバーから外れる」と認めた。

ケガ人が相次ぐイングランド代表にとって、ラッシュフォードは6人目の離脱者に。すでにルーク・ショー、ジョン・ストーンズ、ファビアン・デルフ、ルベン・ロフタス=チーク、トレント・アレクサンダー=アーノルドがチームから去っている。

招集発表当初のメンバーが多数抜けたものの、サウスゲート監督はジェイドン・サンチョやカラム・ハドソン=オドイといった若手がチャンスを手にし、離脱した選手たちの穴を埋めてくれるだろうと期待を込めた。

「彼ら(サンチョとハドソン=オドイ)は準備ができている。彼らをスタートから起用することに躊躇いはない。選手たちはこのユニフォームを着られるだけの力がある。もちろんクラブでレギュラーとしてプレーすることが理想的だが、彼らに十分な力があれば私は彼らをこれからも呼び続ける」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング