News サッカーニュース

C・ロナウドが出場停止を回避!“股間パフォ”への処分は250万円の罰金のみに

2019年3月22日(金) 12:04 

 


欧州サッカー連盟(UEFA)は、不適切な行為に及んだユヴェントスのクリスティアーノ・ロナウドに対して罰金のみを科すと発表した。

12日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのアトレティコ・マドリー戦で、ハットトリックの大活躍を見せ、ユヴェントスのベスト8進出に大きく貢献したロナウド。試合終了後の歓喜に沸く中、同選手はファーストレグでアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が行った“股間パフォーマンス”を披露する。

しかし、このパフォーマンスを問題視するUEFAは18日、C・ロナウドへの処分を検討していることを発表。そして21日、同組織はシメオネ監督に対してのものと同様に2万ユーロ(約252万円)の罰金をユヴェントスFWに科す決定を下した。これにより、一時はCL準々決勝のアヤックス戦に出場できない可能性が浮上していたものの、出場停止処分は回避されることが決定した。

今シーズン、ここまで全公式戦36試合に出場し、チーム最多となる24ゴールをマークするロナウドは、レアル・マドリーを下す番狂わせを演じたアヤックスを相手にアトレティコ・マドリー戦のような活躍を見せてくれるのだろうか。注目のファーストレグはアヤックスのホームで4月10日に行われる。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング