News サッカーニュース

レアル・マドリー、ソラーリ解任とジダン就任を発表!契約期間は2022年まで

2019年3月12日(火) 22:51 

 


レアル・マドリーは、ジネディーヌ・ジダン監督の就任を発表した。

今シーズン、レアル・マドリーは昨夏に退任したジダン監督の後任としてフレン・ロペテギ監督を招聘するものの、10月のバルセロナとのクラシコで大敗を喫して解任。その後、Bチームから昇格したサンティアゴ・ソラーリ監督をファーストチームの指揮官に登用すると、低迷するチームの立て直しに成功する。

しかし、2月下旬に行われたコパ・デル・レイ準決勝セカンドレグから、わずか4日の間にサンティアゴ・ベルナベウでバルセロナに2連敗を喫すると、5日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのアヤックス戦では1-4とホームでの一戦を落とし、4連覇を目指したCLからの敗退が決定。そして11日、ソラーリ監督の解任とともに、ジダン監督の復帰が発表された。

昨シーズン、レアル・マドリーを史上初のCL3連覇に導いたジダン監督は、クラブと2022年6月までの再契約を締結。11日夜、クラブは「3月11日にレアル・マドリー首脳陣による会議が行われ、サンティアゴ・ソラーリの解任が決まった。彼の成し遂げたこと、献身性やクラブへの忠誠心を称えたい。また、ジネディーヌ・ジダンが直ちに新監督として就任することにも合意した」と声明を出した。

今シーズン、コパ・デル・レイ、CLですでに敗退が決まり、リーガ・エスパニョーラでも首位バルセロナから勝ち点12差を離されるなど優勝の可能性がほとんどなくなった状況で、ジダン新監督はどのようにレアル・マドリーを立て直すのだろうか。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング