News サッカーニュース

レアルに分裂危機…主将S・ラモスと会長が衝突、ペレスは「追放する」と激昂

2019年3月9日(土) 0:10 

 


UEFAチャンピオンズリーグ、ラウンド16ではアヤックスに屈し、早期敗退したレアル・マドリー。その混乱の余波はまだまだ収まらない模様だ。

スペイン『マルカ』は、第2戦で出場停止だったセルヒオ・ラモスとフロレンティーノ・ペレス会長が、アヤックス戦終了後にドレッシングルームで衝突したと報じている。

キャプテンであるS・ラモスは、現在の低迷は選手たちだけの責任ではないと主張。一方のペレス会長はこの発言を受け「S・ラモスをレアル・マドリーから追放する」とまで語り、激昂したという。

対するS・ラモスも「契約満了までサラリーはしっかり払ってくれ。それなら今すぐここから去ってもいい」と返したとのこと。両者が激突したこの場には、チームのコーチや医療スタッフ、選手たちもいたようだ。

コパ・デル・レイ準決勝第2戦ではバルセロナに敗れ、続くリーグ戦も含めクラシコ2連敗。そしてチャンピオンズリーグではアヤックスに2戦合計3-5で敗れ、ベスト16止まりとなった。短期間で複数のコンペティションで敗れたことから、チーム内のフラストレーションも最高潮となっていた。

S・ラモスは2020年まで契約を結んでいるが、今回の騒動により契約満了まで“飼い殺される”可能性もあるという。果たしてペレス会長は、一度抜いた刀を鞘に収めるのだろうか。主将S・ラモスとの衝突は今後も尾を引くことになりそうだ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング