News サッカーニュース

決着は延長劇的PK弾!ポルトが120分死闘の末にローマを下しCL8強へ/CL決勝T1回戦第2戦

2019年3月8日(金) 3:15 

 


UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、ポルトvsローマのセカンドレグが現地時間6日行われた。

オリンピコでの初戦はニコロ・ザニオーロの2ゴールにより、ローマが2-1で勝利を収めている。

ポルトホームの第2戦でローマはセンターバックを3枚並べた3-4-3で挑み、対するポルトはモウサ・マレガとフランシスコ・ソアレスの2トップとなる4-4-2で迎え撃った。

序盤からポルトが鋭いサイド攻撃を仕掛け、後方の選手が積極的に追い越してゴールチャンスを創出するなど、ポルトペースで試合は進む。

一方、守勢に回るローマは3バックの布陣が事実上5バックのようになる時間が続く。前線のエディン・ジェコをくさびに使いたいが、そこに至るまでの効果的なつなぎができず、攻撃の時間が作れない状況が続いた。

するとポルトがようやく均衡を破る。26分、前線左でマレガが裏に抜け、中への折返しをソアレスがダイレクトで流し込み、ホームのポルトが先制する。

これで2試合合計2-2、アウェーゴールでポルト優勢となったこともあり、ゴールが必須となったローマは攻撃へシフトする。36分、左サイドからカットインしたディエゴ・ペロッティがPKを奪取。このチャンスにダニエレ・デ・ロッシが冷静にゴール左へ沈め、イケル・カシージャスからゴールを奪った。これでスコアは1-1となり、2戦合計3-2で再びローマがリード。

なお、PKで同点弾を決めたデ・ロッシだったが、前半終了間際に負傷箇所のひざを悪化させ、負傷交代を余儀なくされている。1-1のまま試合は折り返した。

後半に入り52分、ポルトはローマボールを敵陣で奪い、左サイドからヘスス・コロナがクロスを入れる。ファーで抜け出したマレガが右足でダイレクトシュートを決め、ポルトが2-1と再びリード。2戦合計3-3でホーム&アウェーでもイーブンに戻った。

ホームのポルトはこれで流れを引き戻し、ローマゴールを脅かすシーンがこの後も続く。一方のローマは攻め手に欠き、なかなか決定機を生み出すことができず。

ローマのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督は76分にブライアン・クリスタンテを投入し、3バックから4-2-3-1へとシフトするが、ポルトが握るペースは変わらなかった。

試合は90分2-1フルタイムとなり、前後半30分の延長戦へと突入する。

延長前半でネットは揺れず、112分にはジェコが決定的な場面を迎え、ループを放つがDFぺぺがゴール前でかき出してゴールを防ぐ。

迎えた113分、ポルトが右サイドからクロスを入れ、ファー側でローマのアレッサンドロ・フロレンツィがポルト選手のユニフォームをつかんだとして、VAR(ビデオアシスタントレフェリー)の末、ポルトにPKが与えられる。

このチャンスにアレックス・テレスが冷静に決め、ポルトが3-1とリードを広げる。2戦合計4-3となり、試合はこのまま120分を迎えた。ポルトがローマを下し、ベスト8進出を決めている。

■試合結果
ポルト 3-1(4-3)ローマ

■得点者
ポルト:ソアレス(26分)、マレガ(52分)、テレス(117分/PK)
ローマ:デ・ロッシ(37分/PK)

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング