News サッカーニュース

モウリーニョ、レアル・マドリー復帰の可能性否定せず「再び自分の仕事を望まれるのは誇り高い」

2019年3月5日(火) 18:16 

 


ポルトガル人監督ジョゼ・モウリーニョ氏が、レアル・マドリーに復帰する可能性について語っている。

今季途中にマンチェスター・ユナイテッド監督の座を追われ、現在はフリーとなっているモウリーニョ氏。ここ最近は不調に陥っているレアル・マドリーに復帰する可能性が報じられているが、『Beinスポーツ』とのインタビューに応じた同指揮官が古巣への扉を閉じることはなかった。

「自分が在籍したクラブへの復帰? 正しい組織、正しい野心を持っているクラブならば、何も問題はない。かつて在籍したクラブにもう一度仕事を望まれるのは誇り高いことだ」

「ただ今のところは、レアル・マドリーではなくチェルシーではそういったことが起こっただけだ。私はスペインを好んでいる。が、気候によってクラブを選ぶわけじゃない。レアル・マドリーはアイコンであり、世界最高のクラブだ。チャンピオンズリーグで13回優勝を果たしている」

今季のレアル・マドリーは、コパ・デル・レイで敗退し、リーガ・エスパニョーラでも逆転優勝の可能性がほぼなくなった。残る大会はチャンピオンズリーグだが、モウリーニョ監督にとっては、リーグ戦とチャンピオンズのどちらのタイトルの方が大切なのだろうか。

「どのような選手に聞いたとしても、黄金郷はチャンピオンズリーグだ。レアル・マドリーはそこまで良くなくても、チャンピオンズを勝ち取ることができる。たとえ今季に優勝を果たせずとも、6シーズンで4回勝ち取っているんだよ。もし毎シーズンにわたってリーグ戦で優勝を果たせるならば、目標はチャンピオンズ優勝とならなければならない」

「私がマドリーの指揮を執ったとき、目標はバルセロナの支配を止めることだった。マドリーは何も勝てず、チャンピオンズのベスト8にも入れない状況だったね。いつだって目標がなくてはならない。監督にとって、1シーズンの成果としてリーグ戦を勝ち取ることは、とても素晴らしい。しかし監督も選手も、チャンピオンズなしでは監督でも選手でもない」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング