News サッカーニュース

ネイマール、レアル移籍の噂を正直に語る「誰もが魅了される。パリで幸せだけど…」

2019年3月4日(月) 13:12 

 


パリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマールが、移籍の噂されるレアル・マドリーについて言及した。

2017年に史上最高額となる2億2000万ユーロでPSGへと加入したネイマール。ケガがありながらも2シーズンで公式戦53試合48ゴール27アシストを記録するなど、圧倒的なパフォーマンスを披露している。

しかし、移籍直後から退団の噂が絶えない。バルセロナへの復帰説なども囁かれる中、レアルが積極的に獲得に動いていると言われている。一部のスペインメディアは、欧州王者は3億ユーロ(約381億円)近い移籍金を用意しているとも伝えている。

そんな中でネイマールは、母国ブラジル『Globo』のインタビューに応じ、レアル移籍について率直に語っている。

「レアル・マドリーは世界最大のクラブの1つだ。誰もがレアル・マドリーを追いかけ、そこでプレーすることに魅了される。だが、僕はパリで幸せだよ」

「それでも、未来は誰にもわからない。レアル・マドリーでプレーすると言っているわけじゃないけどね」

「僕が夢を実現したことは誰もが知っている。バルセロナは子供の頃からの夢だった。達成できたので、夢はかなったんだよ」

また、バロンドールについて言及している。

「何人かの天才ですらバロンドールを取っていない。それが起こらなかったとしても、世界が終わるわけじゃないだろう。それは僕がキャリアでやってきたこと、これからなすことを消し去るわけじゃない」

「すべての選手にとって重要な賞だ。だが、それは僕の眠りを妨げるわけじゃないし、何よりも欲しいものではない。僕はワールドカップが一番欲しい。毎日夢見ているよ」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング