News サッカーニュース

レアル・マドリーに大打撃!UEFAが意図的イエローのS・ラモスを2試合出場停止に

2019年3月1日(金) 20:23 

 


レアル・マドリーのセルヒオ・ラモスが、追加で1試合の出場停止処分を欧州サッカー連盟(UEFA)から科された。

2月13日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのアヤックス戦に出場したS・ラモス。2-1で迎えた終盤にカスパー・ドルベリへのファウルでイエローカードを提示される。この警告により、レアル・マドリー主将は累積のため、3月5日のホームでのセカンドレグに欠場することが決まった。

するとS・ラモスは試合後、終盤のイエローカードについて「意図して警告をもらっていないと言えばウソになる」とコメント。この発言を問題視するUEFAは、同選手への調査開始を発表し、先日に処分を下す決定を出したことを認めていた。

そして28日、UEFAの倫理規律員会は、累積を清算するためにS・ラモスが意図してイエローカードを受けたと断定。すでに出場停止が決まっているアヤックスとのセカンドレグに加え、レアル・マドリーが次ラウンドに勝ち上がった際に準々決勝のファーストレグにも出場できないことが決まった。

CL4連覇を目指すレアル・マドリーにとって、キャプテンであり、守備の要でもあるS・ラモスを準々決勝ファーストレグに起用できないことは大きな痛手になりそうだ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング