News サッカーニュース

大迫の元相棒モデスト、苦しむ古巣ケルンにエール「ゴールだけが欠けている」

2017年11月3日(金) 15:54 

 
天津権健でプレーするFWアンソニー・モデストが、苦しむ古巣ケルンにエールを送っている。ドイツ紙『ビルト』が報じた。

モデストは昨シーズン、大迫勇也とのコンビでゴールを量産。ヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献した。しかし、今夏には3500万ユーロ(約46億5000万円)で中国スーパーリーグの天津権健へ新天地を求めている。

エースの退団したケルンは今シーズン、不振に陥っている。ブンデスリーガ10試合を終えていまだに勝利はなく、勝ち点2にとどまる。しかし、モデストは古巣の奮起を促しつつ、エールを送った。

「時差があってなかなか難しいけど、ケルンの試合は時々見ているよ。昨シーズン、ハンブルガーSVが10試合を終えて勝ち点2だったが、残留した。ケルンも同じことができると信じている」

「試合を見ているけど、基本的なパフォーマンスは問題ない。得点だけが欠けているんだ。でもポカールではヘルタ・ベルリンから3ゴールを奪ったし、レヴァークーゼンからも先制点を奪った。改善し始めていると思う」

恩師のペーター・シュテーガー監督には「ベルリン戦での勝利の後、メッセージを送った」とも明かすモデスト。直近のヨーロッパリーグBATEボリソフ戦では大迫の活躍もあり、5-2と勝利したケルンは、モデストの望みどおりV字回復を見せられるのか注目が集まるところだ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング