News サッカーニュース

カーディフが敵地でセインツに勝利…サラの悲劇を嘲笑った“飛行機ポーズ”で拘束者も

2019年2月10日(日) 19:37 

 


U+25B6期間限定2ヶ月間無料トライアル実施中!プレミアリーグ観るならDAZNで。
現地時間9日、プレミアリーグ第26節サウサンプトンvsカーディフの一戦が行われた。この試合で吉田麻也はベンチスタートとなった。



カーディフに加入するはずだったFWエミリアーノ・サラが墜落した小型飛行機から遺体で発見され、その後最初のカードということもあり、この試合ではキックオフ前1分間の黙祷が捧げられた。

試合はスコアレスのまま後半までなかなか均衡が崩れず、69分にアウェーのカーディフが1点を先行。 後半アディショナルタイムにジャック・スティーヴンスがゴールを決めてサウサンプトンが同点に追いつくも、終了間際の土壇場にケネト・ゾホレが劇的な決勝点を決め、カーディフが2-1で勝利を収めた。ベンチの吉田は出場機会がなかった。

なお、この試合では一部セインツサポーターがカーディフファンに向かって、笑いながら飛行機ポーズを見せるという挑発行動が問題となり、その動画はSNSでまたたく間に拡散された。その後、2名の拘束者が出たと現地メディアで報じられている。

サウサンプトンは試合後「カーディフサポーターに対し、著しく礼節を欠いた仕草を見せた人物について、ハンプシャー警察と協力し合うことを明らかにします。このような行動は断じて認められるものではない」との声明を発表。サラの悲劇に対し、ジェスチャーで嘲笑した入場者の出入り禁止処分を示唆していた。



(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング