News サッカーニュース

ドルトムント主将と指揮官が次節ベンチ外?ロイスは負傷、ファーヴルはインフルエンザ

2019年2月9日(土) 9:41 

 


ブンデスリーガで首位を走るドルトムントに、思わぬ敵が立ちはだかっているようだ。

ドルトムントは9日、ブンデスリーガ第21節でホッフェンハイムをホームに迎える。だが、この試合ではキャプテンのマルコ・ロイスが出場できない見通しにあるという。そして指揮官ルシアン・ファーヴルもベンチ入りが難しい状況とのこと。

8日、ドルトムント幹部のミヒャエル・ツォルク氏は会見で「ロイスはDFBカップ、ブレーメンとの一戦で筋肉系を負傷したため、ホッフェンハイム戦は欠場する」と明言した。

そして「ファーヴル監督は土曜の朝にベンチに入るかどうか決定するが、厳しいかもしれない。彼は今、インフルエンザだからね」と発言。指揮官がベンチ入りできない可能性を示唆した。

現在、日本ではインフルエンザのまん延が大きな問題となっているが、ドイツでも同様となっており、スイス人指揮官ファーヴレもその被害に遭っている模様。勝ち点49でリーグ首位のドルトムント。8位ホッフェンハイムとの一戦は、主将ロイスと指揮官ファーヴルを欠いた状態で挑むことになりそうだ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング