News サッカーニュース

消息を絶ったエミリアーノ・サラの死亡を地元警察が発表

2019年2月9日(土) 3:07 

 


ドーセット警察は、発見された遺体が消息を絶った飛行機に搭乗したアルゼンチン人ストライカー、エミリアーノ・サラであることを発表した。

ナントからクラブ史上最高額でカーディフ・シティへの移籍が決まったサラが搭乗した飛行機は、1月21日に消息を絶つ。捜索は一度打ち切られたが、家族らの呼びかけにより捜索が再開されると、3日にイギリス海峡の海底で飛行機の残骸を発見。さらに4日、イギリス航空事故調査局(AAIB)は、その残骸の映像から遺体を確認したことを発表した。

そして7日夜、遺体の身元確認が終わったことを受け、ドーセット警察は発見された遺体がサラのものであることを発表。同警察のツイッターで「2019年2月7日にポートランドに運び込まれた遺体は、プロフェッショナルフットボーラーのエミリアーノ・サラのものであることが判明した」と綴った。

サラの新天地であるプレミアリーグや古巣のナントが所属するリーグ・アンで無事を祈るセレモニーが行われていたが、最悪の形で事件は幕を閉じた。

【DAZN関連記事】
● DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
● DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
● DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
● 野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング