News サッカーニュース

[結果]日本代表1-3カタール代表/日本はカタールに敗戦。準優勝で大会を終える

2019年2月2日(土) 0:58 

 
【後半総括】
2点のリードを持つカタールは、後半からしっかりとブロックを敷いて守りに入る。日本は積極的に縦パスを供給するが、相手の堅守を崩し切ることができない。

しかし69分、日本が南野のゴールで1点を返す。塩谷の縦パスがこぼれたところに反応し、GKとの1対1を確実に決めた。

その後も日本が積極的にゴールを狙うが、なかなか崩しきれない。すると83分、CKで相手選手のヘディングシュートがペナルティーエリア内で吉田の手に当たり、VARの結果ハンドの判定に。このPKを決められて、日本は決定的な3点目を奪われる。

その後日本は伊東、乾を投入したが、カタール守備陣を崩せず。日本は1-3でカタールに敗れ、準優勝で大会を終えた。

試合終了。カタールが3-1で日本を下し、アジアチャンピオンに輝く。

後半50分 1-3
【カタール 選手交代】
アリ→アラーエルディン

アディショナルタイムは5分

後半44分 1-3
【日本 選手交代】
南野→乾

後半38分 1-3
【日本 選手交代】
塩谷→伊東

後半38分 1-3
【カタール GOAL!!】
CKからカタール選手のヘディングシュートが吉田の手に当たり、VARの結果、ハンドでPKの判定に。これをアフィフが決めて、カタールが3点目を奪う。

後半33分 1-2
【カタール】
一発のカウンターからハティムが左足でシュートを放つが、わずかに枠を外れる。

後半33分 1-2
【日本】
CKの流れから吉田のヒールパスに堂安が左足でシュートを放つが、相手DFに阻まれる。

後半24分 1-2
【日本 GOAL!!】
ペナルティーエリア内に塩谷のパスがこぼれ、これを拾った南野がGKとの一対一を制し、日本が1点を返した。

後半17分 0-2
【日本 選手交代】
原口→武藤

後半14分 0-2
【カタール】
吉田と頭同士で接触したフーヒーが倒れ込み、タンカで運ばれる。フーヒーに代わり、サレムが入る。

後半8分 0-2
【日本】
柴崎の縦パスを受けた柴崎が華麗なターンで相手DFをかわそうとするが、相手DFに止められる。

後半3分 0-2
【日本】
柴崎のCKに吉田が頭で合わせるが、シュートは枠を外れた。

後半開始。カタールボールでキックオフ。

【前半総括】
序盤からハイテンポな展開になるが、主導権を握ったのはカタール。巧みなパスワークと前線のスピードを生かして、チャンスを作る。日本は大迫のミドルシュートやセットプレーでゴールを狙うが、相手GKを脅かすには至らない。

すると12分、カタールがスーパーゴールで先制点を奪う。左サイドからのクロスを2タッチで宙へ浮かせたアリがオーバーヘッドキックでゴールを決める。GK権田も飛びつくが、ゴール右スミに飛んだシュートにわずかに届かなかった。

その後もカタールがパスワークと速攻でチャンスを作ると、27分に追加点を決める。中盤がルーズになった日本守備陣を崩し、ハティムが左足で華麗なシュートを決めた。

その後は前半のうちに1点を返したい日本が攻め込むが。カタールの粘り強い守備を崩しきれず。0-2で前半を折り返した。

前半終了。日本は2点のビハインドで後半へ。

前半42分 0-2
【日本】
酒井のクサビを南野が落とし、これに大迫が反応するが、相手DFに止められる。

前半31分 0-2
【日本】
ロングボールを大迫が落とし、南野のスルーパスに大迫が走り込むが、相手GKに阻まれる。

前半27分 0-2
【カタール GOAL!!】
日本のルーズな対応からカタールに中盤を崩されると、ハティムをゴール前でフリーとなり、左足を振り抜かれる。巻いたシュートがファーサイドに突き刺さり、カタールが追加点を奪う。

前半21分 0-1
【日本】
連携から左サイドを崩し、長友が左足でクロスを上げるが、相手DFに阻まれる。

前半20分 0-1
【日本 警告】
柴崎にイエローカード

前半12分 0-1
【カタール GOAL!!】
左サイドからのクロスを受けたアリが2タッチでボールを浮かせてオーバーヘッドで狙う。このシュートがゴール右スミに決まり、カタールが先制に成功。

試合開始。日本ボールでキックオフ。

【試合前の状況】
連打も鉄壁のガードも併せもつオールラウンドファイター

 10勝1分、無敗―。

 昨年9月に発足した、森保ジャパンのここまでの戦績である。18年の親善試合5試合のうち、引き分けたのは11月のベネズエラ戦(1△1)のみ。そしてこのアジアカップは、6連勝を飾り決勝に進出した。数字だけを見れば、ケチのつけどころなど一つもない完璧な結果である。

 ただ、今大会の戦いぶりに目を向けると、決して順風だったとは言えない。初戦のトルクメニスタン戦(3○2)から苦戦は始まり、準々決勝のベトナム戦(1○0)まではすべて1点差での勝利が続いた。森保一監督のチーム作りに、過去の代表にあふれた“フラット3”や“日本化” “デュエル”といったキャッチーな文言などない。ポゼッションもカウンターも。攻撃的にも守備的にも、試合展開に応じて戦う。指揮官が常に口にする「柔軟性」といった言葉は、非常に抽象的なプレーイメージしか想起させない。

 大会前から期待された中島翔哉はケガで不参加となり、南野拓実はゴールチャンスを生かせていない。堂安律は強気な言動とは裏腹にプレーにはまだ説得力が伴っていない。一人、負傷の影響で少ない出番でありながらも、別次元のプレーでゴールを挙げる大迫勇也の存在が、森保ジャパンの攻撃の生命線だ。

 今大会の日本は、守備のチームだ。日に日に安定感を増すDF陣。主将として初の公式戦を戦う吉田麻也、昨夏のロシアW杯でも世界と互角以上に渡り合えることを証明した長友佑都と酒井宏樹。そして、大きく台頭してきた冨安健洋。彼ら4人がそろった今大会4試合の失点数は、ゼロ。準決勝でイランの攻撃をシャットアウトしたことで、長友の言う「これ以上ない自信がいまの守備にはある」というセリフが、より強く響いてくる。

 昨年は南野ら若きアタッカー陣たちの躍動がチームをけん引した。年が明け、シビアな公式戦が続く今大会では、歴戦の守備者たちに未来の大器が加わったDF陣が集団を支えている。無敗が続く森保ジャパンだが、常に同じ表情のサッカーをしてきたわけではない。

 それこそが、森保監督の言う柔軟性、対応力の賜物だ。殴り勝つだけではない。守り倒して勝つことだってある。攻守両面、表裏一体。地味ながらも、このサッカーの本質を見抜く指揮官の下、決勝戦も冷静にしたたかに戦う。

【日本代表先発メンバー】
GK
12 権田 修一 鳥栖
DF
19 酒井 宏樹 マルセイユ(FRA)
16 冨安 健洋 シント・トロイデン(BEL)
22 吉田 麻也 サウザンプトン(ENG)
5 長友 佑都 ガラタサライ(TUR)
18 塩谷 司 アル・アイン(UAE)
MF
7 柴崎 岳 ヘタフェ(ESP)
8 原口 元気 ハノーファー(GER)
9 南野 拓実 ザルツブルク(AUT)
21 堂安 律 フローニンゲン(NED)
FW
15 大迫 勇也 ブレーメン(GER)

【控えメンバー】
GK
1 東口 順昭 G大阪
23 シュミット ダニエル 仙台
DF
2 三浦 弦太 G大阪
3 室屋 成 FC東京
4 佐々木 翔 広島
20 槙野 智章 浦和
MF
6 遠藤 航 シント・トロイデン(BEL)
10 乾 貴士 ベティス(ESP)
14 伊東 純也 柏
17 青山 敏弘 広島
FW
13 武藤 嘉紀 ニューカッスル(ENG)
11 北川 航也 清水

[カタール代表先発メンバー]
Gk
1 サード アル シーブ (アル・サッド)
DF
2 ペドロ コレイア (アル・サッド)
3 アブデルカリム ハッサン (アル・サッド)
4 タレク サルマン (アル・サッド)
15 バッサム アルラウィ (アル・ドゥハイル)
23 アッシム マディボ (アル・ドゥハイル)
MF
6 アブドゥラジズ ハティム (アル・ガラファ)
16 ブアレム フーヒー (アル・サッド)
FW
10 ハサン アルハイドス (アル・サッド)
11 アクラム アフィフ (アル・サッド)
19 アルモエズ アリ (アル・ドゥハイル)

【控えメンバー】
GK
21 ユースフ ハッサン (アル・ガラファ)
22 モハンメド アルバクリ (アル・ホール)
DF
8 ハミド イスマイール (アル・サッド)
13 タミーム アルムハザ (アル・ガラファ)
18 アブドゥルカリーム サレム (アル・サイリャ)
MF
5 アフメド ファティ (アル・アラビ)
9 ハレド モハメド (カルチュラル)
12 カリム ブディアフ (アル・ドゥハイル)
14 サレム アル ハジリ (アル・サッド)

17 アブドゥルラフマン モハメド (アル・アハリ)
20 アリ ハッサン アフィフ (アル・ドゥハイル)
FW
7 アフメド アラーエルディン (アル・ガラファ)

(提供元:速サカ編集部)

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング