News サッカーニュース

バーンリーが元イングランド代表FWクラウチを獲得…残留争いの切り札として期待

2019年2月1日(金) 13:22 

 


バーンリーは、元イングランド代表FWピーター・クラウチの獲得を発表した。

昨シーズンの大健闘とは裏腹に、今シーズンはここまでプレミアリーグで17位と残留争いに巻き込まれるバーンリー。降格圏18位のカーディフ・シティとは勝ち点差4と厳しい戦いが続いており、中でも24試合で25得点しか奪えていない前線の補強が急務と考えられていた。

そんな中、バーンリーが注目したのが身長201センチの元イングランド代表FWクラウチ。2011年からストーク・シティで活躍する同選手だが、今シーズンはクラブの降格に伴い、チャンピオンシップ(英2部)でプレーする。そして31日、バーンリーは38歳のストライカーを獲得し、同選手と今シーズンいっぱいまでの契約を締結した。一方、サム・ヴォ―クスが入れ替わる形でストークに加入することになるようだ。

リヴァプールやトッテナムといった強豪でプレーし、イングランド代表としても44試合に出場して22ゴールを記録する経験豊富なベテランストライカーには、ショーン・ダイク監督からプレミアリーグ残留に向けた活躍を期待されている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング