News サッカーニュース

【結果】日本代表3-2トルクメニスタン代表/大迫の二発で日本が薄氷の逆転勝ち

2019年1月9日(水) 21:55 

 
【後半総括】
後半も日本がボールを握りゲームを進める。前半同様、トルクメニスタンの堅い守備に苦しむかと思われたが、56分に原口のグラウンダーのクロスを受けた大迫がシュートを決めて、日本が同点に追いつく。その4分後にも相手DFのスキを突いた長友のアシストから再び大迫が決めて、日本が逆転に成功する。

日本はペースが落ちたトルクメニスタンを徐々に攻略していく。71分には堂安が得意の左足でシュートを決めて、3-1とリードを広げる。

日本が安全圏に持ち込んだかと思われたが79分、北川の自陣でのボールロストからショートカウンターを浴びて、権田がペナルティーエリア内で相手FWを倒し、PKを献上。これを確実に決められ、日本が1点差に詰め寄られる。

以降は均衡した展開となり、日本がヒヤリとさせられる場面もあったが、3-2で試合終了。森保ジャパンが大会初戦を勝利で飾った。

試合終了。日本が3-2で初戦を勝利で飾る。

45分終了。アディショナルタイムは4分

後半40分 3-2
【トルクメニスタン 選手交代】
ミンガゾフ→ティトフ

後半34分 3-2
【トルクメニスタン GOAL!!】
日本が北川のボールロストからピンチを招き、トルクメニスタンにPKを与える。アタエフが確実に決めて、トルクメニスタンが1点差に迫る。

後半31分 3-1
【日本】
原口が左サイドをフリーで駆け上がり、中央にパスを送る。大迫がフリーで右足のシュートを放つが、うまくとらえることができない。

後半27分 3-1
【日本 選手交代】
南野→北川

後半26分 3-1
【日本 GOAL!!】
日本相手DFから高い位置でボールを奪い、細かい連携を見せる。最後は堂安が得意の左足を振り抜き、貴重な追加点を奪った。

後半24分 2-1
【トルクメニスタン 選手交代】
アマノフ→ヤクシェフ

後半15分 2-1
【日本 GOAL!!】
長友がペナルティーエリア内に侵入し、相手DFのスキを突きクロスを送る。フリーになった大迫が合わせ、日本が逆転に成功。

後半14分 1-1
【トルクメニスタン 選手交代】
オラシャエドフ→アンナドゥルディエフ

後半11分 1-1
【日本 GOAL!!】
原口が左サイドから切り込み、右足でグラウンダーのクロスを送る。ペナルティーエリア内で受けた大迫が右足を振り抜き、日本が追いついた。

後半6分 0-1
【日本】
堂安の鋭いクロスを原口がヘディングで合わせるが、枠を捉えることはできない。

後半4分 0-1
【日本】
細かい連携から堂安がスルーパスを送るが、わずかに原口には合わず。

後半開始。日本ボールでキックオフ。

[前半総括]
序盤から日本が積極的に縦パスを供給していくが、前線で起点を作れず、決定機までは持ち込めない。12分には柴崎のスルーパスに堂安が飛び込み、決定的なヘディングシュートを放つが、相手GKに阻まれた。

トルクメニスタンは[5-4-1]のブロックを組み、日本の攻撃を食い止める。攻撃の時間は少なかったが、CKやカウンターから日本守備陣を脅かす場面を作った。

すると26分、トルクメニスタンが先制点を奪う。この日積極的なドリブルで存在感を示していたアマノフが左サイドから強烈なロングシュートを突き刺した。GK権田はわずかに逆を突かれ、対応することができなかった。

その後も日本がボールを握るが、低い位置で構えるトルクメニスタン守備陣を崩すことができない。日本は甘い守備の対応が見られ、決定機も作られたが、権田のビッグセーブでなんとか2失点目は免れた。

前半は日本が0-1でリードを許す苦しい展開に追い込まれた。

前半終了。0-1で日本がリードを許す展開に。

前半41分 0-1
【日本】
長友がカットインから右足でミドルシュートを放つが、大きく枠を外れた。

前半36分 0-1
【トルクメニスタン】
日本の緩い守備からトルクメニスタンに決定機。ミンガゾフのミドルシュートは権田が横っ飛びで防いだ。

前半30分 0-1
【日本】
大迫のボール奪取から冨安が持ち上がりミドルシュートを放つが、相手GKに阻まれる。

前半30分 0-1
【日本】
長友のアーリークロスのこぼれ球をペナルティーエリア内で受けた大迫がボレーシュートを放つが、わずかに枠を外れた。

前半26分 0-1
【トルクメニスタン GOAL!!】
トルクメニスタンがカウンターからチャンスを作る。アマノフが左サイドでフリーでボールを受けると、ゆっくりとボールを運び、右足を振り抜く。強烈なシュートがゴールに突き刺さり、トルクメニスタンが先制に成功する。

前半22分 0-0
【日本】
原口と大迫の連携からチャンスを作り、最後は堂安がシュートを放つが、相手DFに阻まれた。

前半18分 0-0
【トルクメニスタン】
CKから決定機。正確で鋭いボールをサパロフがフリーで合わせるが、シュートは枠を外れた。

前半17分 0-0
【トルクメニスタン】
一本のロングパスからFWが抜け出し、最後はオラシャエドフがシュートを放つが、権田が飛び出して防いだ。

前半12分 0-0
【日本】
日本に決定機。柴崎の浮き球のスルーパスを堂安が頭で合わせるが、相手GKにキャッチされた。

前半11分 0-0
【日本】
日本にセットプレーのチャンス。こぼれ球から冨安がシュートを放つが、相手DFに阻まれた。

前半5分 0-0
【日本】
序盤は落ち着かない展開に。柴崎が遠い位置からファーストシュートを放ったが、大きく枠を外れた

試合開始。トルクメニスタンボールでキックオフ

【試合前の状況】
順風満帆ではないが、それもプラスに変えて

 5日にアジアカップは開幕したが、グループFの日本は9日が初戦となる。

 日本代表は2日に日本を出発し、ドバイ経由でアブダビに移動。最初の2日間はクリケット・スタジアムのサブグラウンドで練習を行い、5日には地元クラブのアル・ワハダと非公開で35分ハーフの練習試合を、6日と7日は国軍が所有するスタジアムで練習を行なっている。コンディショニング中心だった国内合宿から、プレーの強度や連係面などを徐々に高めていたが、4日の練習で守田英正が右太腿裏を痛めて離脱。合流直前のベンフィカ戦で右下腿を負傷した中島翔哉も一度は合流したものの、練習に姿を現すことなく離脱が発表された。

 練習試合は南野拓実の2得点、原口元気の1得点で3-0と勝利した。しかし、前半は引いた相手をなかなか崩せず、攻撃面で課題も出たという。この試合ではCBが本職の冨安健洋がボランチを務めたようだ。森保一監督は明言を避けたものの、「それはみなさんももう分かっていると思います」と認めており、冨安自身も「どこをやるにしても監督からやれと言われたポジションでやるのがあるべき姿」と、福岡で経験していたポジションでの出場にも意欲を示した。

 6日には守田と中島に代わり追加招集された塩谷司と乾貴士、風邪から回復した遠藤航、年明けにプレミアリーグで試合があった武藤嘉紀と吉田麻也が練習に合流した。右臀部を打撲していた大迫勇也は国内合宿に引き続き別メニュー調整が続くなど、決して順風満帆な状態ではない。しかしながら、決勝まで7試合を戦う上で、多少危機感をもって大会に入るほうがいい方向に出るかもしれない。

 初戦で前回王者の豪州がヨルダンに敗れるなど、アジアカップは簡単にいかないという空気が戦前から漂っている。そういったことも集中して初戦に入る助けになるだろう。(河治 良幸)

【日本代表先発メンバー】
GK
12 権田 修一 鳥栖
DF
19 酒井 宏樹 マルセイユ(FRA)
20 槙野 智章 浦和
22 吉田 麻也 サウザンプトン(ENG)
5 長友 佑都 ガラタサライ(TUR)
16 冨安 健洋 シント・トロイデン(BEL)
MF
7 柴崎 岳 ヘタフェ(ESP)
8 原口 元気 ハノーファー(GER)
9 南野 拓実 ザルツブルク(AUT)
21 堂安 律 フローニンゲン(NED)
FW
15 大迫 勇也 ブレーメン(GER)

【控えメンバー】
GK
1 東口 順昭 G大阪
23 シュミット ダニエル 仙台
DF
2 三浦 弦太 G大阪
3 室屋 成 FC東京
4 佐々木 翔 広島
18 塩谷 司 アル・アイン(UAE)
MF
6 遠藤 航 シント・トロイデン(BEL)
10 乾 貴士 ベティス(ESP)
14 伊東 純也 柏
17 青山 敏弘 広島
FW
11 北川 航也 清水
13 武藤 嘉紀 ニューカッスル(ENG)

【トルクメニスタン代表先発メンバー】
GK
1 マメット オラズムハメドフ(アルティン・アシル)
DF
2 ザファル ババジャノフ(アルティン・アシル)
4 メーカン スパロフ(アルティン・アシル)
5 ベジルゲルディ イルヤスロフ(アハル)
6 グルバンゲルディ ラティロフ(アルティン・アシル)
12 セルダル アンナオラゾフ(アルティン・アシル)
MF
7 アルスランミラト アマノフ(ブハラ)
8 ルスガン ミンガゾフ(プリブハム)
19 アフメト アタエフ(ペルセラ・ラモンガン)
21 レザル ホジャエフ(アルティン・アシル)
FW
9 バヒト オラシャエドフ(アルティン・アシル)

【控えメンバー】
GK
16 ババエフ バティル(アハル)
22 ニキータ ゴルブノフ(シャガダム)
DF
3 グイクミラト アンナグリエフ(アハル)
MF
13 グルバノフ メルダン(アハル)
14 イリヤ タムルキン
18 セルダル ゲルディエフ(アルティン・アシル)
23 ドフラン オラザリエフ(アハル)
FW
10 スレイマン ムハドフ(アハル)
11 ミラト ヤクシェフ(アルティン・アシル)
15 ミハイル ティトフ(アルティン・アシル)
17 アルティミラト アンナドゥルディエフ(アルティン・アシル)
20 ミラト アンナエフ(アハル)

(提供元:速サカ編集部)

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング