News サッカーニュース

バルセロナがトゥールーズ19歳DFをフリーで獲得…来夏にチームに合流予定

2019年1月9日(水) 20:11 

 


バルセロナは、今夏に加入することでトゥールーズのジャン=クレア・トディボと契約したことを発表した。

昨年12月30日に19歳の誕生日を迎えたトディボは今シーズン、トゥールーズでトップチームデビューを果たし、ここまでリーグ戦10試合で1ゴールを記録。189センチの長身DFとして、安定感のある守備を見せることからその才能は高く評価され、バルセロナ、レアル・マドリー、ユヴェントス、ライプツィヒ、レヴァークーゼンなどへのステップアップが噂されていた。

才能のある若手を引き留めるため、トゥールーズは2019年夏に現行の契約が満了を迎えるトディボに契約更新を打診したが、双方の交渉は暗礁に乗り上げて決裂。今夏にフリーで退団することが決定していた。

そして8日、以前から獲得を噂されていたバルセロナが、トディボとの契約を発表。ヨーロッパで最も将来を期待されている若手の1人と考えられる同選手は、7月1日よりチームに合流する予定で、2月に32歳になるジェラール・ピケの後継者になることが見込まれている。

バルセロナは、公式ウェブサイトでトディボの獲得について「トディボはセンターバックとセントラルミッドフィールダーとしてプレーできる長身の右利き選手だ。ユースレベルの頃からその能力には注目が集まっており、特筆すべき能力はフィジカル面と空中戦の強さだ。19歳という年齢で、このポジションで最も将来が約束されている選手の1人として、この若いタレントはバルセロナに加わることになる」と期待を寄せた。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング