News サッカーニュース

マン・C、敵地で苦しみながらも勝利し7連勝!勝ち点は早くも「41」得失点差は「38」に/プレミアリーグ第15節

2018年12月5日(水) 21:34 

 


プレミアリーグは4日に第15節が行われ、マンチェスター・シティはワトフォードと対戦した。

今季もここまで12勝2分、得失点差「37」と強さを見せる前年度王者マンチェスター・C。リーグ戦7連勝を懸け、序盤戦は好調も直近4試合で1分3敗と調子を落とすワトフォードの本拠地ヴィカレージ・ロードに乗り込んだ。

マンチェスター・Cはアグエロが負傷のためにメンバー外となり、1トップにはジェズスを起用。序盤からボールを保持し、相手陣内でプレーする時間が多くなり、何度も決定機を作っていく。しかし、ワトフォード守護神フォースターがセーブを連発し、なかなか先制点を奪えない。

耐える時間が続くワトフォードだが、32分にビッグチャンス。ドゥクレが後ろ向きでボックス内にアバウトな形でボールを送ると、ディーニーが反応。ボレーを放ったが、シティ守護神エデルソンがファインセーブを見せた。

危ない場面を作られたシティだったが、40分に先制に成功。この試合何度もチャンスを生み出していた右サイドのマフレズが相手をひきつけながらクロスを入れると、飛び込んだサネが胸で押し込んだ。前半は1-0とリードして折り返す。

すると後半早々にシティが追加点。51分、相手ミスを見逃さずにシルバがボールを奪うと、最後はジェズスのクロスにマフレズが合わせた。後半開始6分で大きな2点目を奪う。

その後も選手交代で打開を図るワトフォード相手にボールを保持し、チャンスを創出。ポゼッション率も7割以上を記録し、相手を自陣に押し込める。

厳しい状況に陥っていたワトフォードだったが、終盤に1点を返すことに成功。85分、高い位置でデウロフェウがカットしてクロスを入れると、最後はゴール前の混戦の中でドゥクレがネットに押し込んだ。

1点差に詰め寄ったことで活気を取り戻したヴィカレージ・ロードのサポーターは、大歓声でチームを鼓舞。直後のCKでディーニーが合わせるが、GKエデルソンに防がれる。

最後までゴールを目指したワトフォードだが、1歩及ばず。シティが2-1と勝利を収めた。この結果、シティはリーグ戦7連勝で早くも勝ち点は「41」に。得失点差は「38」と圧倒的な強さを見せている。

■結果
ワトフォード 1-2 マンチェスター・C

■得点者
ワトフォード:ドゥクレ(85分)
マンチェスター・C:サネ(40分)、マフレズ(51分)

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング