News サッカーニュース

マンチェスター・C、敵地でリヨンと2-2ドロー決着も勝ち上がり決定/CLグループF第5節

2018年11月28日(水) 18:54 

 


現地時間27日、UEFAチャンピオンズリーグのグループF第5節、リヨンvsマンチェスター・シティが行われた。

ここまで1勝3分け、勝ち点6で2位のリヨンにとって、勝ち上がりに向けホームのマンチェスター・C(勝ち点9)戦は負けられない一戦となった。

この試合でリヨンは前半から攻勢を仕掛け、何度となく決定機を創出するもスコアレスのままハーフタイムへ。ようやく均衡が敗れたのは55分だった。セットプレーのリスタートからリヨンが敵陣深くへとボールを持ち込む。メンフィス・デパイが左からクロスを放ち、ファー側に流れたところからマクスウェル・コルネが左足のミドルを叩き込み、ホームのリヨンが先制した。

追う展開になったマンチェスター・Cは62分、セットプレーからアイメリク・ラポルテがヘディングでネットを揺らし、スコアは1-1の振り出しに。

81分にはリヨンのデパイがスルーパスを放ち、裏に抜け出したコルネが左足でネットを揺らして、この試合2得点目をマーク。リヨンが2-1と再びリードする形になったが、その2分後、すぐさまセルヒオ・アグエロが同点弾を決め2-2となる。

試合はこのまま2-2でフルタイムを迎え、マンチェスター・Cが勝ち点を10に伸ばし勝ち上がりを決めた。リヨンも勝ち点を7としたが、勝ち上がり決定は持ち越しに。同時開催のホッフェンハイムvsシャフタールが2-3でシャフタールが勝利したため、3位にシャフタール(勝ち点5)が浮上。第6節のシャフタールvsリヨンは、勝ち上がりを懸けた大一番となる。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング