News サッカーニュース

首位のマンチェスター・Cと2位のリヴァプール、アウェーで揃って完勝…無敗継続でリーグけん引/プレミアリーグ第13節

2018年11月25日(日) 22:58 

 


プレミアリーグ第13節が24日に開催された。

首位を走るマンチェスター・シティは、13位のウェスト・ハムとアウェーで対戦。マンチェスター・Cは、3-1で勝利した前節のマンチェスター・U戦からストーンズ、メンディ、ベルナルド・シウバ、マフレズに代えてオタメンディ、デルフ、ギュンドアン、サネを起用する4点を変更した。

試合は11分、ボックス右のスターリングが入れたクロスにニアサイドで合わせたダビド・シルバが決めてマンチェスター・Cが先制。続く19分には、ボックス左で縦突破を仕掛けたサネのグラウンダークロスにファーサイドのスターリングが合わせて、あっさり2点差とする。さらにマンチェスター・Cは34分、ボックス右でフェルナンジーニョの浮き球スルーパスを受けたスターリングがダイレクトで折り返すと、最後は正面のサネが決めて3-0とした。

後半はなかなか4点目が遠かったマンチェスター・Cだが、アディショナルタイムにガブリエウ・ジェズスのクロスから、サネがこの日2点目を奪って快勝。古巣対戦のペジェグリーニ監督率いるウェスト・ハムをシャットアウトし、首位を堅持している。

また、マンチェスター・Cを勝ち点2差で追う2位のリヴァプールは、7位につけるワトフォードとのアウェー戦を迎えた。リヴァプールは、2-0で勝利した前節のフラム戦からジョー・ゴメスとファビーニョに代えてロヴレンとヘンダーソンを起用する2点を変更した。

試合は、立ち上がりからリヴァプールがボール保持率を高めていったが、なかなかシュートまで持ち込めない。中盤での攻防が激しくなった前半は、終盤に両GKが魅せる。39分、ワトフォードはゴール正面からロベルト・ペレイラが決定的なシュートを放つも、リヴァプールGKアリソンがファインセーブ。逆にリヴァプールは40分過ぎに、サディオ・マネ、そしてCKからサラーがヘディングシュートを枠に飛ばすも、いずれもGKフォスターが好守で得点を許さなかった。

だが迎えた後半にリヴァプールの攻撃力が発揮される。まずは67分、ボックス左に抜け出したサディオ・マネの折り返しにサラーが合わせて先制。続く76分にはペナルティアーク手前からアレクサンダー=アーノルドが見事な直接FKを沈めて、2-0とする。

リヴァプールは82分、ヘンダーソンが2枚目のイエローカードで退場したものの、89分にカウンターからフィルミーノが3点目を奪って勝負あり。首位のマンチェスター・Cを追走している。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング