News サッカーニュース

アトレティコ、0-4大敗の屈辱を過去のものに…香川真司欠場のドルトムントに今季初めて土をつける/CLグループA第4節

2018年11月7日(水) 12:16 

 


6日のチャンピオンズリーグ・グループA第4節、メトロポリターノでのアトレティコ・マドリー対ボルシア・ドルトムントは、2-0でアトレティコの勝利に終わった。ドルトムントMF香川真司はベンチ外だった。

2週間前に行われたヴェストファーレンシュタディオンでの一戦は、ドルトムントが4-0の大勝。アトレティコにとっては、約7年にわたるシメオネ政権下において最大の屈辱であったと形容された。スペインメディアでは今回の対戦で逆に大勝を果たすべきという論調もあったが、旗色は悪い。胃腸炎の影響でゴディン、負傷でサビッチ、コケ、レマル、ジエゴ・コスタが欠場と、アトレティコはトップチームの25%、それも主力選手たちを欠いた状態で、今季公式戦12勝3分けと無敗を貫くドルトムントを迎えた。

6万8000人収容のメトロポリターノは満杯。キックオフ前からアウェー席に陣取るドルトムントの3000人のサポーターが大声でチャントを歌い上げ、アトレティコファンも張り合うように、その歌声をかき消すようにチャントを歌った。そうしてチャンピオンズリーグのイムノが流れてからキックオフの笛が吹かれると、アトレティコが気迫あるプレーでゴールへと攻め込む。だがグリーズマン、アンヘル・コレアらが放ったシュートはいずれもコースが甘くGKビュルキの手中に収まった。

20分を過ぎると試合は落ち着き始め、ドルトムントが後方から攻撃を組み立て、アトレティコがグリーズマン&カリニッチの2トップを起点に速攻を仕掛ける展開が続く。ドルトムントはサイドハーフ&サイドバックが相対するポジションの選手たちを誘い出し、サイドバック裏のスペースをロイスらが突こうとするも、アトレティコにうまく対応されていた。

そして34分、スコアが動く。ゴールを決めたのはアトレティコだった。サウールが左サイドを駆け上がるフィリペにスルーパス。ペナルティーエリア内左に侵入したフィリペがワンタッチでグラウンダーのクロスを送ると、勢いよく飛び込んだサウールがネットを揺らしている。

メトロポリターノの観客はこのゴールに歓喜を爆発させる。もうドルトムントサポーターに張り合うでもなく、「テ・キエロ・アトレティ(アトレティ愛してる)!」などのチャントをスタジアムに響かせた。アトレティコはそうした声援に背中を押されるように追加点を狙ったが、ヒメネス、トマス、サウールらはシュートを決め切ることができず。また44分にはサウールがペナルティーエリア内でピシュチェクに倒されたものの、オルサト主審はPKを取らず。試合は1-0のまま折り返す。

ハーフタイム、シメオネ監督は右足筋肉の負傷をしたCBヒメネスに代えて、Bチームのモンテーロを起用。また62分には、グリーズマンと見事なコンビネーションを見せていたカリニッチとの交代でジェルソンをピッチに立たせた。対するファーヴル監督は59分、プリシッチとの交代でゲレイロを入れている。65分には足を滑らせたモンテーロのボールをパコ・アルカセルが奪い、折り返したボールからフリーのゲレイロがヘディングシュートを放つも、これは惜しくも枠を外れた。

ファーヴル監督は74分にP・アルカセルをゲッツェ、79分にサンチョをラーセンに代えて交代カードを使い切る。だがラーセンが入ってからわずか1分後、アトレティコが伝家の宝刀カウンターを炸裂させた。ジェルソンがボールを持ち出して内を走るトマスに送り、そのトマスが中央をフリーで駆けていたグリーズマンに横パス。ペナルティーエリア内に侵入したグリーズマンは、ドルトムントDFのプレスを背に受けながらも冷静な左足のシュートでネットを揺らしている。

シメオネ監督は追加点を決めた直後にA・コレアをビトロに代え、こちらも交代カードを使い切る。終盤、ドルトムントは何とか一矢を報いようと試みるが、アトレティコの堅守を最後まで破ることができず、試合は2-0のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。

アトレティコにとってはドルトムントに今季初めて土をつけたチームとなり、0-4大敗のリベンジを果たした格好だが、シメオネ監督はリベンジという言葉を好まず「フットボールにリベンジなどない。そこにあるのは新たなチャンスだ」と語る。観客は試合終盤、「オレ!オレ!オレ! チョロ・シメオネ!」と何度となく叫び、今季に入ってスペインメディアなどからその采配を疑問視されながらも、新たなチャンスをしっかりとモノにしたアルゼンチン人指揮官への絶対的支持を表明していた。

なおグループAのもう一試合、モナコ対クラブ・ブルッヘはクラブ・ブルッヘが4-0で勝利。同グループの順位は1位ドルトムント(勝ち点9)、ドルトムントとの直接対決の得失点差で2位アトレティコ(勝ち点9)、3位クラブ・ブルッヘ(勝ち点4)、4位モナコ(勝ち点1)となっている。

■試合結果

アトレティコ・マドリー 2-0ボルシア・ドルトムント

■得点者

アトレティコ:サウール(34分)、グリーズマン(75分)

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング