News サッカーニュース

リヴァプールがまさかの敗戦、ミルナー「昨季ならゴールを決めていたが…」

2018年11月7日(水) 12:15 

 


リヴァプールMFジェームズ・ミルナーが、ツルヴェナ・ズヴェズダ戦の敗戦を振り返った。

6日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)第4節で、ツルヴェナ・ズヴェズダのホームに乗り込んだリヴァプール。しかし、開始29分で2ゴールを奪われる苦しい展開に。結局そのまま反撃できず、前回4-0と完勝した相手に、0-2で敗れた。

試合後『BT Sports』のインタビューに応じたミルナーは、後半の反応は良かったとしつつも、敗戦を認めている。

「僕らはフィールド全体で問題を抱えていた。まったく試合に入れず、それが僕らを罰することとなった。後半のリアクションは良かったと思う。最後まで戦い続けた」

「彼らにとっては素晴らしい雰囲気だった。大会に参加して長いし、いつでも試合はビッグゲームになる。僕らが必要なのは、自分たちの試合に勝つことだけだ。ナポリやPSGに勝てることはわかっている」

「今夜は十分なものを作れた。だが、決定機を逃したのは問題だ。昨季ならゴールを決めていたが、今はそうではない。だからこうなった」

まさかの敗戦となったリヴァプール。勝ち点は6のままであり、ナポリとPSGの試合結果次第では首位陥落となる。28日の第5節では、敵地でPSGと対戦する。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング