News サッカーニュース

ダービー前に首位堅持! マンチェスター・C、サウサンプトンを6発粉砕…吉田は出場機会なし/プレミアリーグ第11節

2018年11月5日(月) 22:56 

 


プレミアリーグ第11節のマンチェスター・シティ対サウサンプトンが4日にエティハド・スタジアムで開催された。

前節終了時点で首位に位置するマンチェスター・Cが、16位のサウサンプトンをホームに迎えた。マンチェスター・Cのグアルディオラ監督は、1-0で勝利した前節のトッテナム戦からマフレズに代えてサネを起用する1点を変更。2-0で勝利した直近のリーグカップ4回戦、フラム戦からは9選手をローテーションした。

試合は早々にマンチェスター・Cが先行する。6分、ボックス左でダビド・シルバからパスを受けたサネがゴールエリア左まで進入して折り返し。このクロスに対応したサウサンプトンDFフートがオウンゴールを記録し、マンチェスター・Cが先行した。

引き続き攻めるマンチェスター・Cは、12分に難なく加点。ボックス右でベルナルド・シルバからボールを受けたスターリングが仕掛けてゴールエリア右まで進入。折り返しにアグエロが合わせて、マンチェスター・Cが早い時間帯で2点をリードする。

完全に試合を支配するマンチェスター・Cは、18分に3点目を挙げる。ボックス右に走りこんだスターリングが深い位置まで入ってクロス。浮き球ボールがファーに流れると、最後はダビド・シルバがボレーシュートをゴール左上に突き刺し、3-0とした。

何とか反撃に出ようとするサウサンプトン。29分には、ボックス左に走りこんだイングスが後方からのスルーパスに反応すると、飛び出してきたGKエデルソンに倒される。これでPKを獲得すると、イングス自らが冷静に決めて1点を返した。

前半終了間際にアグエロの折り返しからスターリングがチーム4点目を決めたマンチェスター・Cは、迎えた後半も試合を支配。62分にはボックス右手前でカットインしたサネがバー直撃の強烈ミドルシュートを放って5点目に近づく。

それでも、67分にはその5点目が生まれる。フェルナンジーニョの縦パスをバイタルエリアのアグエロが、ボックス右に走りこんだスターリングにさばく。ゴールエリア右付近まで進入したスターリングがそのままシュートを流し込み、スコアを5-1とした。

その後、ギアを落としたマンチェスター・Cは、若干緩さも出始めたものの、アディショナルタイムにはカウンターからサネがダメ押し。6発大勝でプレミアリーグ首位をキープした。今後、水曜日にチャンピオンズリーグ(CL)グループF第4節、ホームでのシャフタール戦後に、次節はマンチェスター・ユナイテッドをエティハド・スタジアムに迎える。

■試合結果
マンチェスター・シティ 6-1 サウサンプトン

■得点者
マンチェスター・C:OG(6分)、アグエロ(12分)、ダビド・シルバ(18分)、スターリング(47分、67分)、サネ(90+2分)
サウサンプトン:イングス(30分)

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング