News サッカーニュース

リヴァプールを苦しめるも…エメリ「50%しか満足していない。勝ちたかったからだ」

2018年11月4日(日) 22:30 

 


アーセナルのウナイ・エメリ監督は、リヴァプール戦の結果に満足していないと語っている。英『BBC』が伝えた。

3日のプレミアリーグ第11節で、リヴァプールをホームに迎えたアーセナル。主導権を握る展開が続いたが、相手に先制される苦しい展開となる。それでも、82分にアレクサンダル・ラカゼットが同点弾を挙げ、本拠地エミレーツ・スタジアムでの熱戦を1-1と引き分けている。

テクニカルエリアで選手、サポーターを何度も鼓舞していたエメリ監督は、内容を評価しつつも、結果には満足していないと明かしている。

「我々は勝ちたかった。パフォーマンスは良かった。自分たちを鼓舞し、自分たちのプランで戦った。サポーターはエネルギーを持って鼓舞してくれたね。サポーターにとっては素晴らしい試合でありスペクタルだったが、私は50%しか満足していない。なぜなら勝ちたかったからだ」

「今日はスピードとインテンシティの中で、バランスが良かった。90分間を通して非常に上手く戦えた。ドローで1ポイントに終わったが、おそらくもう少し良い結果に値したね」

3日に試合を行ったアーセナルだが、8日にヨーロッパリーグでスポルティング・リスボン戦、11日にはプレミアリーグでウォルバーハンプトン戦と、過密日程が続いていく。

エメリ監督は、1試合1試合自分たちを試す場であるとし、勝利を目指すと意気込んでいる。

「すべての試合が我々にとって良いテストだ。このプロセス、そして負けていないということは非常に重要。次のテストは木曜のスポルティング戦と日曜のウォルバーハンプトン戦だ。順位表で良いポジションに立つためにね」

「思うに、今日のサポーターは我々を何度も鼓舞してくれて、選手たちはピッチ上でそのサポートを感じていたと思う。それは素晴らしい関係だね」

開幕こそ2連敗と躓いたが、以降14試合で12勝2分と負けがないアーセナル。絶好調のガナーズだが、指揮官はさらに上を目指しているようだ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング