News サッカーニュース

絶好調スアレスが救う!メッシ不在バルサ、19位ラージョに大苦戦も土壇場で逆転勝利/リーガ第11節

2018年11月4日(日) 22:31 

 


リーガ・エスパニョーラは3日に第11節が行われ、バルセロナはラージョ・バジェカーノと対戦した。

前節レアル・マドリーとの「クラシコ」を5-1で制すなど、現在公式戦4連勝中のバルセロナ。同日開催のライバルチームが軒並み勝利を挙げた中、敵地でラージョと激突した。

負傷で依然としてメッシを欠く中、バルセロナは11分に先制に成功。自陣からのロングパスにアルバが抜け出し、相手をひきつけてパスを送ると、最後はスアレスが1タッチで押し込む。絶好調の9番のゴールで、早い段階でリードを手にする。

しかし30分過ぎから押し込まれる時間が続くと、35分に失点。右からのクロスに対し、ラングレのクリアが中途半端に。これをゴール前でFWホセ・アンヘル・ポソに拾われ、エリア外から狙いすましたシュートを叩き込まれた。前半は1-1で折り返す。

後半開始はラージョがチャンスを作り、52分にはDFラインの裏を突いてエンバルバが決定機を迎えたが、バルサ守護神テア・シュテーゲンが一対一をストップする。

すると57分、ラージョが逆転に成功する。右サイドのクロスをラウル・デ・トマスが頭で合わせると、ポストに弾かれる。しかし、こぼれ球をアルバロ・ガルシアが押し込み、2点目を奪った。ホームサポーターは熱狂に包まれる。

その後も大歓声を受けるラージョがチャンスを作り、バルセロナは苦しい時間が続く。80分のスアレスのシュートも、力なくGKの正面に飛んだ。

それでも、バルセロナは土壇場で追いつくことに成功。エリア内に上がっていたピケにアルバがクロスを入れると、落としたボールを途中出場のデンベレが蹴り込んだ。あまり見せることのないパワープレーで、終盤で同点に追いつく。

すると90分、ついにバルセロナが逆転に成功。右サイドのクロスをスアレスが押し込み、試合をひっくり返した。試合はこのまま終了。首位チームは降格圏19位に沈むチームに苦しんだものの、3-2と逆転勝利を収めた。

この結果、バルセロナは勝ち点を24とし、2位アトレティコ・マドリーと4差をキープし、首位に立っている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング