News サッカーニュース

レスターをPL優勝に導いたラニエリ氏、クラブ会長の訃報に「誰からも愛される男だった」

2018年10月30日(火) 11:08 

 


元レスター・シティ指揮官のクラウディオ・ラニエリ氏は、クラブ会長の訃報を受けて「悲しみに暮れている」と話した。

27日のレスター対ウェスト・ハム・ユナイテッドの試合終了後、キングパワー・スタジアムのピッチから離陸したヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏が所有するヘリコプターは駐車場に墜落し、炎上。同会長を含む搭乗者5人の死亡が28日にクラブにより発表された。

2015-16シーズンにレスターの指揮官に就任し、奇跡のプレミアリーグ優勝にチームを導いたラニエリ氏は、イタリア『スカイ』でスリヴァッダナプラバ氏が死去したことへの悲痛な思いを口にした。

「このニュースに酷く動揺した。彼は良い男で、常にみんなに向けてポジティブな言葉を発していた。彼が誰からも愛される男であることは明らかだった。ドレッシングルームにやって来るときはいつもチームにそのような言葉を投げかけ、決して誰かを咎めるようなことをしなかった。私の誕生日の時には、巨大なケーキを用意して、みんなに“ハッピーバースデー”を歌わせていた。光を照らすような男だった」

また、これまでに多くのクラブで指揮官を務めてきたラニエリ氏だが、スリヴァッダナプラバ氏のような会長には出会ったことはなかったと話した。「最初に出会ったときのことを覚えている。私はすぐに彼のことをポジティブで、エネルギーに満ちた人間だと思った」

「当初の目標はプレミアリーグ残留だったが、あのようなことが起きた。ヴィチャイ・スリヴァッダナプラバは、プレミアリーグ優勝の非常に重要な役割を担った。彼は全員と抱擁するために試合の30分前には会場に姿を現していた。いつも幸せそうで、笑顔の絶えない男だった」

「今は悲しみに暮れている。彼の家族とともにこの悲しみを共有したい」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング