News サッカーニュース

セリエAにやって来たC・ロナウドを称賛するも…デ・フライ「戦った中で一番のFWはムバッペ」

2018年9月14日(金) 17:18 

 


キリアン・ムバッペがクリスティアーノ・ロナウドよりも優れているとインテルのステファン・デ・フライは考えているようだ。

今夏、レアル・マドリーを退団してユヴェントスに加入したC・ロナウド。ここまでリーグ戦で無得点が続くもポジティブな活躍を続ける同選手は、ユヴェントスの22年ぶりとなるチャンピオンズリーグ制覇に向けた、最後のピースだと考えられている。

世界最高選手の1人であるC・ロナウドがセリエAに活躍の舞台を移したことについて、デ・フライはイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』で「正直言って、彼がイタリアにやって来るなんて信じられなかった。イタリアのフットボールにとって彼が来たことはとてもポジティブだ」と言及。

しかし、2014年のワールドカップ前にC・ロナウド擁するポルトガル代表と対戦した経験のあるデ・フライはこの試合で得点を奪ったポルトガル代表FWに賛辞を送るも、対戦した中で一番インパクトを受けたストライカーについて問われ「それはムバッペだ」と即答した。

パリ・サンジェルマンで活躍し、ロシア・ワールドカップでもフランス代表の優勝に貢献した19歳のムバッペのプレーは、リオネル・メッシとともに世界のサッカー界をけん引するC・ロナウドより、デ・フライにとって脅威となった模様だ。

今夏にラツィオからインテルに加入したデ・フライは、ここまで3試合に出場して1ゴールを記録。同選手の所属するインテルは、12月7日にC・ロナウド擁するユヴェントスと対戦する。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング