News サッカーニュース

スパルタク・モスクワ行きが迫るも…テリー「家族と相談して断ることを決めた」

2018年9月14日(金) 0:47 

 


元イングランド代表DFのジョン・テリーがスパルタク・モスクワ行きを辞退した。

昨夏にチェルシーを離れ、アストン・ヴィラに加入したテリー。同クラブで1シーズンプレーするも、契約満了に伴い、今夏にアストン・ヴィラ退団を発表した。そんな中、無所属になった37歳の同選手は先日、スパルタク・モスクワのメディカルチェックを受け、加入間近だと報じられていた。

スパルタク・モスクワとテリーは年俸300万ポンド(約4億3500万円)の2年契約を結ぶことが見込まれていたが、大詰めになって選手側が辞退。そして12日、同選手はロシアでのプレーを決断しなかった理由について明かした。

「じっくり考えた後、スパルタク・モスクワからのオファーを断ることを決めた。スパルタクには感謝を伝えたいし、彼らとそのサポーターが今シーズンに成功できることを祈っている」

「彼らは野心を持ったクラブで、僕は彼らのプロフェッショナリズムにとても好印象を抱いた。でも、この移籍を家族とともに考えた後、このタイミングでロシアに行くことは僕たちにとって適切ではないと決めた。スパルタクに幸運を」

10代の頃から過ごしたチェルシーで5度のプレミアリーグ優勝に、1度のチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げ、イングランド代表としても78キャップを誇ったテリーは、どこで現役を続けることになるのだろうか。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング