News サッカーニュース

大迫勇也、リーグ戦初得点に喜び…一度は取り消しも「ゴールはゴール」と笑顔

2018年9月2日(日) 12:54 

 


ブレーメンでリーグ戦初ゴールを挙げた日本代表FW大迫勇也が喜びを語った。クラブの公式ツイッターがコメントを伝えている。

ブレーメンは1日、ブンデスリーガ第2節でフランクフルトと対戦。2試合連続で先発した大迫は20分に先制ゴールを挙げ、2-1の勝利に大きく貢献した。今シーズンの公式戦では2ゴール目、リーグ戦では初得点となり、「満足しています」と喜びを口にしている。

「最初はオフサイドの判定でしたが、ゴールになりました。ゴールはゴールですよ(笑)。得点が認められた後の喜びは大きかったですけど、決勝弾のときはさらに一段とでしたね」

ミロット・ラシカの決勝ゴールが決まったのは後半アディショナルタイム。22歳のラシカは「勝利することができて本当に嬉しいよ」とコメントしている。

ブレーメンは2試合を終えて1勝1分け。ブンデスリーガでは5位につけている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング