News サッカーニュース

チェルシー&アーセナル参加のELグループステージ組み合わせが決定! 日本人対決の可能性も

2018年8月31日(金) 22:35 

 


2018-19シーズンのUEFAヨーロッパリーグ(EL)組み合わせ抽選会が31日に行われた。

アーセナルやチェルシー、ミラン、セビージャなどに加え、日本人所属クラブも多数参加する今シーズンのEL。30日に本戦に出場する48クラブが出そろい、31日に組み合わせ抽選会が開催された。

注目のグループ分け、MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトは、DF酒井宏樹が所属するマルセイユと同組で、さらにラツィオも同居する厳しいグループに入った。また、日本代表MF南野拓実が所属するザルツブルクは、セルティック、RBライプツィヒ、ローゼンボリとの組み合わせ。また、MF森岡亮太が所属するアンデルレヒトはフェネルバフチェらと同居。MF乾貴士が所属するベティスは、ミランと同組になっている。

ELグループステージの第1節は、9月20日に行われる。組み合わせは以下のとおり。

【グループA】
レヴァークーゼン(ドイツ)
ルドゴレツ(ブルガリア)
チューリッヒ(スイス)
AEKラルナカ(キプロス)

【グループB】
ザルツブルク(オーストリア)
セルティック(スコットランド)
RBライプツィヒ(ドイツ)
ローゼンボリ(ノルウェー)

【グループC】
ゼニト(ロシア)
コペンハーゲン(デンマーク)
ボルドー(フランス)
スラビア・プラハ(チェコ)

【グループD】
アンデルレヒト(ベルギー)
フェネルバフチェ(トルコ)
ディナモ・ザグレブ(クロアチア)
スパルタク・トルナバ(スロバキア)

【グループE】
アーセナル(イングランド)
スポルティング・リスボン(ポルトガル)
カラバフ(アゼルバイジャン)
ヴォルスクラ・ポルタヴァ(ウクライナ)

【グループF】
オリンピアコス(ギリシャ)
ミラン(イタリア)
ベティス(スペイン)
デュドランジュ(ルクセンブルク)

【グループG】
ビジャレアル(スペイン)
ラピド・ウィーン(オーストリア)
スパルタク・モスクワ(ロシア)
レンジャーズ(スコットランド)

【グループH】
ラツィオ(イタリア)
マルセイユ(フランス)
フランクフルト(ドイツ)
アポロン(キプロス)

【グループI】
ベシクタシュ(トルコ)
ゲンク(ベルギー)
マルメ(スウェーデン)
サルプスボルグ(ノルウェー)

【グループJ】
セビージャ(スペイン)
クラスノダール(ロシア)
スタンダール・リエージュ(ベルギー)
アクヒサル(トルコ)

【グループK】
ディナモ・キエフ(ウクライナ)
アスタナ(カザフスタン)
レンヌ(フランス)
ヤブロネツ(チェコ)

【グループL】
チェルシー(イングランド)
PAOK (ギリシャ)
BATEボリソフ(ベラルーシ)
ヴィデオトン(ハンガリー)

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング