News サッカーニュース

ドルトムントSDが人員整理を示唆…香川真司は放出候補の1人か

2018年8月30日(木) 11:17 

 


やはりMF香川真司はドルトムントを退団することになるのだろうか。ミヒャエル・ツォルクSDがスカッドの整理を示唆している。地元紙『ルール・ナーハリヒテン』が伝えた。

今夏の去就が騒がれ続けている香川。ここまでDFBポカール1回戦、そしてブンデスリーガ開幕戦といずれも招集外となっており、ルシアン・ファーブル監督の構想外になっていると見られている。

マルセイユやセビージャ、ベジクタシュらが関心を示していると伝えられる中、ドルトムントのファーブル監督は「中盤が多く、そのポジションについて決断を下さなければならない。シンジがいかに良い選手であるかは知っている。難しいチョイスだ」と話している。

そして、『ルール・ナーハリヒテン』はFWパコ・アルカセルの獲得で補強は完了したと報道。現在ファーストチームには30人が所属しているが、これから選手売却に動くとし、ミヒャエル・ツォルクSDのコメントを伝えている。

「(人員過多は)BVBにとって難しい状況になっている。スカッドが小さくないことは同意するよ」

『ESPN』などは、人員整理に動くドルトムントの中で、香川が放出候補の1人であると伝えていた。29歳のMFは、今月中にクラブを離れることになるのだろうか。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング